毎日の時事ネタ・ニュース

毎日の時事ネタ・ニュースを紹介!なんでも入れるけど「嬉しいニュース」「面白いニュース」がメインです。くだらない・楽しいニュースが好きなだけ。すぐ消えちゃうのでブックマークよろしく! 応援しておきますのでよろしくお願い致しますヾ(*´∀`*)ノ

    まとめ記事を作成致しました(*'ω'*)【毎日の時事ネタ・ニュース】 気まぐれに面白いネタ・気になったニュースを出しておきます! 好きな物は「原神」「ポイ活」「動物好き」「野球」「サッカー」「漫画」当ブログでは広告・PRが含まれています

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【YouTube実況者】深夜の配信に悩ましい、奇妙なテンションの声が住宅街に響く!男性の苦悩を聞け

    画像はイメージ

    集合住宅には騒音問題がつきもの。かつて騒音の定番といえばテレビや楽器の音だったが、最近は新たな問題も起こっているようだ。関東に住む30代の独身男性は、ある日を境に隣人の騒音に悩まされるようになった。(取材・文:昼間たかし

    「隣人が突然YouTuberになったんです」

    「平日は深夜1時くらいには収まっていたんですが……」

    男性が暮らすのは、都内にある私鉄沿線の賃貸アパート。暮らしているのは独身男性ばかりだ。

    「みんなサラリーマンで、家は寝に帰る場所みたいな感じです。ですので、たまに生活音がするくらいで、静かに暮らしていました」

    静かなアパートに変化が起きたのは昨年秋のことである。

    「その日も残業を終えて10時くらいに帰宅しました。風呂にも入って、さて寝ようと思ったら、ずっと隣の部屋から奇妙なテンションの話し声が聞こえてくるんです」

    平日なのに友人でも来ているのだろうかと、その日は我慢して眠りについた男性。ところが、その妙なテンションの話し声は数日おきに繰り返された。

    「平日は深夜1時くらいには収まっていたんですが、土曜日は朝まで続いていたこともあります」

    声の主である隣人は、同世代と思しき男性。近所づきあいはなく会釈する程度なので、特に印象はなかった。

    「どちらかといえば、真面目なサラリーマンといった風貌です。それでいて、隣から聞こえてくる声は妙なテンションなので、あの人の声だよなあ……と、首をかしげてしまいました」

    2週間を過ぎた頃から、さらに声のテンションは高くなった。いよいよ我慢できなくなった男性は管理会社に相談をした。

    「数日後の朝に偶然、隣人に出会ったのですが、素直に『騒がしかったですか?気をつけます』と謝られました」

    ところが、幾分か声のトーンは落ちたものの、その後も深夜の話し声は続いた。

    「こちらも、余計に気にするようになってしまいました。夜中になにを話しているのかと不気味じゃないですか。音が小さくなったぶん、余計に気にしましたよ」

    管理会社に改めて相談をしてみたが、担当者は面倒くさそうな雰囲気であった。なぜなら、隣人は一番奥の角部屋。なので、騒音被害に遭っているのは男性だけだったからだ。男性はなにを話しているのかと聞き耳を立ててみることに。そして、話し声の理由を理解した。

    「『昨日の続きで、プレイしていこうと思います』という声が聞こえてきて瞬時に理解しましたね。YouTubeかなにかでゲーム実況をしているのだと」

    結局、チャンネルは伸びずに消滅

    気になった男性はプレイしているゲームタイトルから、隣人のチャンネルを探し出した。

    「かなり多くの動画が投稿されていたんですが、再生数が4ケタにもなっていません。タイトルも凡庸だし、なにより喋っているテンションは高いのに滑舌が悪いし、話がつまらないのです」

    特定されそうなので、詳細は伏せるが隣人が実況していたのは、FPSシミュレーションゲーム。それもプレイが優れているのならともかく、あまりゲームに興味がない男性が素人目にみても手際の悪いプレイスタイルだったという。とりわけ男性が気になったのは、無言になったかと思えば、なにか動作をするときに「よいしょ」といった声がやたらと入ることだったという。

    「声も気になりますけど、ほとんど誰にも見て貰えない動画を次々とアップしているとか、次第に同情心すら芽生えました。途中からは“うるせえなあ”と思いつつも、再生数が伸びるよう応援する気持ちにすらなりましたよ」

    どんな内容だとしても本人は努力してるのだから、こちらが耳栓でもして我慢したほうがいいのかも知れないと、男性は考え直したという。

    しかし、最初の動画から半年ほどを迎えたある日、なんの前触れもなく突然チャンネルは消滅してしまった。

    「それ以降は、まったく元通りの静かな隣人に戻りました」

    時々、遭遇する隣人は、相変わらず真面目な雰囲気だという。いったい、なぜ隣人が突然、ゲーム配信を始めたのか。その理由を知りたいと男性は言った。

    隣人がゲーム実況者でうるさい!深夜の配信に悩まされる男性 奇妙なテンションの声が翌朝まで続くことも
    (出典 news.nicovideo.jp)

    実況プレイ(じっきょうプレイ)、ゲーム実況ゲームじっきょう)、ゲーム配信(ゲームはいしん)とは、プレイヤーが実況をしながらコンピュータゲームをプレイする行為、その模様を配信する事、職業。これを行う、職業として従事するゲーム実況者ゲームじっきょうしゃ)、ゲーム配信ゲーム
    23キロバイト (2,929 語) - 2023年11月18日 (土) 22:16

    (出典 chanto.jp.net)
    コメント:睡眠の邪魔されるなんて、本当に辛いですね。仕事や休息の必要もあるのに、隣人のゲーム実況が夜遅くまで続くとは…。マナーや他人への配慮が欠けているようですね。一度、声の大きさについて話し合ってみる価値があるかもしれません。

    コメント:深夜の配信は周囲に与える影響も考えてほしいですよね。特に奇妙なテンションの声が翌朝まで響くとなると、本当に困りますよね。他の住民も迷惑しているだろうし、配慮が必要です。一度、穏やかにお願いしてみるのも良いかもしれませんね。

    コメント:深夜の配信による騒音は、本当にストレスですよね。特に奇妙なテンションの声は、更なるイライラを引き起こすことも考えられます。静かな環境でリラックスしたいと思っている人もいるので、隣人には少し配慮してほしいです。丁寧なお願いも効果的かもしれませんので、一度声をかけてみる価値はありますね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【【YouTube実況者】深夜の配信に悩ましい、奇妙なテンションの声が住宅街に響く!男性の苦悩を聞け】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【この時代だぞ?】非正規スタッフの怒り爆発!ボーナスなき報酬制度に疑問の声続々

    働く人たちの厳しい現実。今回は非正規で働く人に聞いた“本音”のなかから、反響の大きかった記事トップ3を発表。第3位はこちら!(集計期間は2018年1月~2022年12月まで。初公開2018年12月13日 記事は取材時の状況)
     *  *  *

    「もう少し上がると思ってたけどな……」
    「だな、でもまあ欲しかった時計買って、残りは嫁さんの両親でも連れて旅行かな!」

     12月上旬、千代田区内の大手上場企業の喫煙室で支給されたばかりのボーナスの使い道を話していたのは、入社10年目未満の若手社員二人。彼らは時計はどのブランドにする、旅行は温泉地がいいなどと賑やかに言い合っていたが、「あっ!」っと声を上げた後、押し黙ってしまった。次にお互いの顔を見合わせると、タバコの火を消し、そそくさと喫煙所を出て行った。

     二人のほかに喫煙所にいたのは、同社の契約社員として働く藤村さん(30代・仮名)と、外部の下請け企業から派遣されて同社で働いている金丸さん(40代・仮名)だ。

    ◆なぜ正社員じゃないとボーナスをもらえないのか?

    「ごく一部のスタッフ(正社員)を除けば、我々はボーナスなんてもらえません。以前はそもそも契約社員とか派遣社員に垣根はなく、同じところで働く人間として平等に評価されたしボーナスも出た。それが、いつの間にか貴族階級と貧乏人にふるい分けられていた感じですね」(金丸さん)

    「正社員様にはボーナスが出る、我々には出ない。社員の二人は我々がいることに気が付き、バツが悪そうに喫煙所を後にしましたけどね。はっきり言って、彼らと同等以上の仕事をしている自負はある。そりゃ総合職の正社員が会社人事に逆らうことができないとかいろいろあるとは思いますがね」(藤村さん)

     毎月の給与ですら、非正規スタッフは正社員の三分の二かそれ以下。さらにボーナスまでもらえないとなれば、会社で働く人間の間に微妙なパワーバランスが生まれるのは無理もない。給与が高くボーナスまでもらえる社員は、たとえ仕事が出来なくても偉く、非正規スタッフは彼らに逆らえない、そんな空気が生まれる。

     もちろん、これではみんなで一丸となって仕事をしよう、プロジェクトを成功させようなどと思うのは正社員だけで、非正規スタッフは冷ややかな目で彼らを見る。当然、生産性は落ちるのだ。

     非正規スタッフが多い職場であればあるほど、ボーナスをもらえるかもらえないか、いうなれば“正社員”と“それ以外”という関係差が生み出す弊害は大きい。

     現在、非正規雇用者(※)は2036万人にものぼり、雇用者に占める割合は、男性で21.3%、女性で55.8%(2017年労働力調査)。また、ボーナス制度の対象となる割合は、正社員86.1%に対して、非正規は31.0%しかいない(平成26年就業形態の多様化に関する総合実態調査の概況、厚生労働省)。
     世間がボーナスに浮かれているこの季節に、非正規であるがためにボーナスをもらえない人は数百万人いるわけだ。

    ◆非正規スタッフの多い業界では内部崩壊寸前!

     バラエティ番組制作会社に所属し、都内のテレビ局に常駐し業務に励んでいる佐々岡さん(40代・仮名)はこう証言する。

    テレビ業界の非正規社員率はハンパありません。ひとつの番組に社員が二人しかつかず、そのほか30人くらいの我々外部スタッフがぶら下がる形で仕事をしています。だからか、テレビ局の社員が、我々の前で大っぴらにボーナスの話をするのはどこかタブーとされていますが、中には思慮のない人もいます」(佐々岡さん)

     夏と冬のボーナス時期になると、社員が必ず「ボーナスも出たし飲みに行こうぜ!」と誘ってくるのだという。当然、社員様に外部スタッフが逆らえるわけでもなく、問答無用で居酒屋に連れていかれる。「関係性」については把握しているはずの社員だが、勘定は毎度必ずワリカン。ほとんどパワハラに近い飲み会でさえ、懐が凍えそうなADなど末端スタッフにまで会費を要求してくるというのだ。

    「今日はボーナス日だから少し高い店に行くぞ、なんて。我々にとってみりゃ、迷惑でしかありませんよ。さらには、正社員はいかにツラいかなどと、酔って延々と語るのを黙って聞いていなければならず、まずい酒がさらにまずくなる」(佐々岡さん)

    ※非正規雇用者(契約社員パートタイム、嘱託、派遣、臨時雇用など)

     先述した正社員とそれ以外の「格差」、そして「弊害」はすでに社会に影響を及ぼしているのではないかとすら思えるエピソードを語ってくれたのは、都内の中堅情報企業で働く、非正規社員の奈良さん(40代・仮名)だ。

     奈良さんは、非正規社員にもかかわらず、社員や非正規社員の勤怠管理を行う労務部に籍を置く。

    「7月と12月ボーナス期、若干ですが非正規社員が会社を休みやすい傾向にあります。また、財務部や経理部、営業部などのデータを総合して見比べてみると、この時期、非正規社員の生産性が明らかに下がっているのがわかります『正社員はボーナスをもらえるのに、私たち非正規はもらえない』と腐ってしまっていることにほかなりません。かくいう私も、この時期は正社員に交じって仕事をするのがバカらしくなり、サービス残業などを堂々と断ったりしますが、のど元過ぎれば……で。ボーナス時期が終わると、結局せっせと働かざるを得なくなる」(奈良さん)

     また、港区のWebコンテンツ制作会社で業務委託として働く山本さん(30代・仮名)がこう憤る。

    「我が社は管理職が社員で、実制作を担っている大半の人間が業務委託。フロアではボーナス期の少し前から社員たちの間で『数字のノルマを大幅に超えて、来月はボーナスをたくさんもらおうぜ!』とか意気込む声が聞こえてきます。こちらにノルマプレッシャーをかけてきたり、休日出勤を強いられたりするのですが、ボーナスがもらえない我々にとっては、頑張る意味がわからないうま味があるのは社員だけ。にも関わらず、配慮のない発言を平気でする社員たちに怒りすら覚えます。そりゃ、手を抜きたくもなりますよ」(山本さん)

     正規ー非正規は、もはや“階級制度”と化している。その最たる例が「ボーナスの有無」だと言っても過言ではないだろう。

    ◆新しい法律で「非正規にもボーナス」時代が来るか

     ただ、変化の兆しもある。2018年6月に成立した「働き方改革関連法」は「同一労働・同一賃金」を掲げていて、ボーナスについても正社員と非正規雇用者を同じ扱いにするようガイドラインを出している。大企業2020年4月、中小企業2021年4月から、これに沿った賃金システムに変えなければいけないのだ。

     もっとも、企業とはありとあらゆる抜け道を考えるもの。2~3年後に、晴れて非正規雇用者もボーナスをもらえる日が来るかは、まだわからない――。
     
    <取材・文/山口準>

    【山口準】
    新聞週刊誌、実話誌、テレビなどで経験を積んだ記者。社会問題ニュースの裏側などをネットメディアに寄稿する。

    非正規スタッフの多い職場では、ボーナスの話はタブーとも言える。隣の人間が奥歯を噛み締めている場合だってあるのだ
    (出典 news.nicovideo.jp)

    ボーナス 業績などに応じて与えられる特別手当、賞与のこと。 上記に転じて、特別に与えられる得点やサービスのこと。買い物のポイントサービスそのものや、各種ゲームなどにおいて特別に得点が追加されたりする場合のこと。 パチスロのボーナスゲームのこと。サミー社のパチスロ・玉緒でポンでは、棒にナス
    976バイト (197 語) - 2022年11月14日 (月) 06:11

    (出典 nikkan-spa.jp)


    能力があるなら正規スタッフになればいいし、辞めたいなら辞めればよい!
    物価高・水道光熱費など何でも上がる時代です

    コメント:「毎日正社員と同じ仕事をしているのに、ボーナスがもらえないなんて納得できない!こんな不当な待遇に怒りを感じます。もし正社員になれるなら、今すぐにでも辞めてやりたいと思います。」

    コメント:「正社員と同じ働き方、同じ責任を負っているのに、ボーナスは軽くスルーされる。こんな不公平な制度にはもう我慢できません。給与体系に公正さを求めるのは当然のことだと思います。」

    コメント:「ボーナスがないことで、非正規スタッフのモチベーションが下がります。正社員と一緒に働くことが本当にバカらしく感じます。平等な待遇を求めることが当然だと思いますし、これ以上我慢するつもりはありません!」

    <このニュースへのネットの反応>

    【【この時代だぞ?】非正規スタッフの怒り爆発!ボーナスなき報酬制度に疑問の声続々】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【後ろのパフォーマンスが凄い】氣志團「One Night Carnival」を誇りに思い、THE FIRST TAKEで熱演!

     氣志團の一発撮りパフォーマンス映像『氣志團 - One Night Carnival / THE FIRST TAKE』が公開された。

     一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取り、アーティストの緊張感をよりリアルに伝えるプログラム『THE FIRST TAKE』。第377回は氣志團が登場し、氣志團にとって新たな挑戦でありターニングポイントともなった代表曲「One Night Carnival」を披露する。

     なお、11月15日に『THE FIRST TAKE』は4周年を迎えた。これを記念し、同チャンネルで公開された名曲の数々を年代順で4日連続プレミア公開する特別企画「THROWBACK with THE FIRST TAKE」も決定しており、DAY1の『1975 - 2000 THROWBACK with THE FIRST TAKE』も公開されている。


    綾小路コメント
    自分たちはもともとインストゥルメンタルバンドだったので、この曲が初めての歌ものでした。
    当時、インストだけだった氣志團が硬派で面白かったっていう意見もあったり、いやいやこれがあるからなんか一気に幅広がって面白いんじゃないとか・・・ 結構賛否両論分かれた楽曲でした。
    でも、2000年ぐらいにできた曲なので、もう作ってから23年くらいが経ち、 こんなに長く歌い続けることができて嬉しいなぁと改めて今日思いましたし、こんな栄えある場所で歌わせてもらえることができたのはとても誇りです。

    ◎映像情報
    YouTube氣志團 - One Night Carnival / THE FIRST TAKE
    https://youtu.be/8I-rDgz11Tg

    YouTube『1975 - 2000 THROWBACK with THE FIRST TAKE
    https://youtu.be/96-6aoNVFHo

    氣志團、“長く歌い続けることができて嬉しい”「One Night Carnival」披露 <THE FIRST TAKE>
    (出典 news.nicovideo.jp)

    WAY」購入者限定GIGイベント「ザ・氣志團ベストテン」「ザ・氣志團ワーストテン」を千葉LOOKにて行う。 2012年2月、氣志團結成15周年特別GIG「A yankee in the N.H.K ~HERE'S THE SiX PiSTOLS~」をNHKホールにて行う。 2012年3月、氣志團結成15周年特別GIG「1/6LONELY…
    73キロバイト (8,521 語) - 2023年11月26日 (日) 10:21

    (出典 artist.cdjournal.com)
    コメント:「氣志團の「One Night Carnival」のパフォーマンスは、本当に素晴らしかったです!彼らが長く歌い続けることができて、本当に嬉しいです。彼らのエネルギッシュなステージングとヴォーカルの力強さには、いつも感動させられます。これからもずっと彼らの音楽を楽しみにしています!」

    コメント:「THE FIRST TAKEの氣志團のパフォーマンスは、彼らの音楽の魅力を最大限に引き出していました。特に「One Night Carnival」の生演奏は、彼らのパワフルな姿勢と楽曲の力強さを感じることができました。彼らが長く活動し続けることができることに感謝し、これからも彼らの応援を続けたいと思います!」

    コメント:「氣志團の「One Night Carnival」は、いつ聞いても元気になれる曲ですよね。このTHE FIRST TAKEのパフォーマンスでも、彼らのパワフルな歌声とリズム感が際立っていました。彼らは本当に長く歌い続けることができて嬉しいですし、彼らの音楽は多くの人々に元気や勇気を与えることができると思います。これからも彼らの活躍を応援しています!」


    【【後ろのパフォーマンスが凄い】氣志團「One Night Carnival」を誇りに思い、THE FIRST TAKEで熱演!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    藤子不二雄(連載) > 藤本弘(著作) > ドラえもん > アニメ > 1979-2005年 藤子不二雄 > アニメ > ドラえもん > 1979-2005年 『ドラえもん』は、藤子不二雄の藤本弘による日本の漫画。本項では漫画『ドラえもん』を原作としたアニメシリーズの中の、1979年からテレビ朝日…
    159キロバイト (16,692 語) - 2023年11月29日 (水) 00:39

    12月1日発売【ドラえもん未来デパート】では「おなかがすいちゃうマグネット~あまいもの~」全6種を発売:ダイバーシティ東京

    231126doraemon1-800x797

    「ドラえもん未来デパート」は世界初ドラえもんグッズオフィシャルショップ。ロゴ風「ドラ文字」グッズや、おもちゃ・アパレル・食器など、多数のドラえもんグッズを取り扱っている。2023年12月1日(金)でオープン4周年を迎える。常設店1店舗とオンラインショップを展開。

    店舗情報所在地:東京都江東区青海1-1-10 ダイバーシティ東京 プラザ 2F(ゆりかもめ台場駅から徒歩5分、りんかい線東京テレポート駅B出口から徒歩3分)
    お台場行ったらちょっとミツケル!

    こちらの記事はこちら≫

    使えるニュース:ランチバッグ

    231126doraemon2-800x804
    ドラえもん未来デパートでは、オープン4周年記念としてミニプレートプレゼントキャンペーンを実施。税込7000円以上購入するとドラえもん未来デパート限定「ドラえもん未来デパート4周年記念ミニプレート」(非売品)を1会計につき1枚プレゼント。1人1枚まで。キャンペーン期間は12月1日(金)から。なくなり次第終了する。

    【12月1日発売【ドラえもん未来デパート】では「おなかがすいちゃうマグネット~あまいもの~」全6種を発売:ダイバーシティ東京】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【急激に増加中!】酔っぱらいが増えている!? 「酔ってりゃ何してもいいマン」の脅威が鉄道業界に迫る

    飲酒しているケースが半数以上。

    ポスター『酔った勢い、STOP!』を掲出

    一般社団法人「日本民営鉄道協会」は2023年11月末、大手民鉄16社における2023年度上期の「鉄道係員に対する暴力行為の件数・発生状況」を公表。同協会によると発生件数は71件で、前年同期と比べ1件の減少となりました。ただし去年度に続き60件を超え、緊急事態宣言が発出された2020年度を底に、再び新型コロナウイルス流行以前に迫る水準となっています。

    暴力行為が発生する状況として、「酩酊している旅客を介助しようと近づいた時」や「突然暴力を振るわれるケース」が多く、22時以降の深夜帯に集中しているといいます。加害者の年齢層は幅広く、飲酒しているケースは半数以上だそう。

    場所別ではホームが52%と約半数を占め、次いで改札(30%)、その他(10%)、車内(8%)の順です。曜日別では火・水曜日を底に、週末になるにつれ増える傾向です。

    暴力を振るわれるケースについて、協会は具体的な事例も公表しています。主な事象は以下の通りです。

    ・ベンチで熟睡する旅客に声をかけたが反応がないため、肩に触れたところ突然立ち上がり、首を掴まれるなどの暴力行為を受け転倒した(年齢不詳:深夜帯)。

    ・列車内の座席に横たわる旅客を認め、声をかけるも返答がないため、男性を抱えながらエレベーターにてホーム階から改札階まで誘導したが、突然、右胸を蹴られた(20代:深夜帯)。

    ・女性へ対し暴力行為に及んだ男性を認めたため注意し、事情を確認しようとしたところ逃走。追いかけ再び事情を確認しようとしたところ、強い力で振り払われ転倒した(30代:朝)。

    ホームに居座ろうとした旅客を改札口へ向かうよう促していた際に突然走り出し、ホームで泥酔者対応を行っていた別の係員の左足甲部を背後から踏みつけた。さらに最初に対応した係員へも、所持していた傘で背後から臀部を突いた(50代:深夜)。

    2023年12月4日(月)からは、全国各地の鉄道会社において、暴力行為防止ポスターが掲出されます。

    列車内で酔いつぶれる人のイメージ(画像:写真AC)。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    鉄道事業法では、鉄道事業を経営しようとする者は、国土交通大臣の許可を受けることとされている(鉄道事業法第3条)。鉄道事業の許可は、事業者単位ではなく、路線及び鉄道事業の種別単位ごとに行われる。 鉄道事業法上の鉄道と軌道法上の軌道では敷設位置に違いがあり(軌道は道路に敷設されるのに対し、鉄道
    73キロバイト (9,244 語) - 2023年11月2日 (木) 03:41

    (出典 www.youtube.com)
    迷惑かけたら会社に報告、全国の会社に言っておこうよ!
    鉄道に迷惑かけたら、賠償金・鉄道使わせないとすればかなり減るよ、会社の責任とすれば良い!


    コメント:「酔ってりゃ何してもいいマン」の増加は本当に問題ですね。鉄道業界の職員も安全に注意を払うべきですし、他の乗客の安全を守るためにも、きちんと対策が必要です。

    コメント:酔っぱらいの問題はただ鉄道業界だけのものではありません。酔っ払いが増えることによって、一般の乗客も不快な思いをすることが増えてしまいます。対策が急務ですね。

    コメント:酔っぱらいの増加は社会全体の問題でもありますが、鉄道業界には特に深刻な影響が出るでしょう。安全意識の向上や監視カメラの設置など、緊急に対策を講じる必要があります。早急な対応を望みます。

    <このニュースへのネットの反応>

    【【急激に増加中!】酔っぱらいが増えている!? 「酔ってりゃ何してもいいマン」の脅威が鉄道業界に迫る】の続きを読む

    このページのトップヘ