きょうは「サンタクロース・デー」どうして12月6日?

きょうは「サンタクロース・デー」どうして12月6日?


画像

きょう12月6日
サンタクロース・デー」と制定されています。

サンタクロース・デー」が12月6日である理由は
サンタクロースの起源といわれている、270年頃に実在した
ギリシアの司教「聖ニコラウス」の忌日であるため。

ニコラウス氏は司祭になる前、
近所に住んでいた貧しい三姉妹の家を真夜中に訪ねて
屋根の上の煙突から金貨を投げ入れました。

金貨は暖炉に干されていた靴下の中に入り、
翌朝これに気づいた長女は、この金貨が元となって
結婚できることになったそうです。

ニコラウス氏は司祭「聖ニコラウス」となってからも
自分が金貨を与えていることは内緒にしながら
姉妹の家庭を支え続けたのです。

このエピソードが現在の
サンタクロース」の元となっていることから、
主にヨーロッパでは聖ニコラウスの忌日である12月6日
サンタクロース・デー」と制定されています。

クリスマスまであと19日。
ホリデーシーズンを楽しみたいですね!


きょうは「サンタクロース・デー」どうして12月6日?
(出典 news.nicovideo.jp)

サンタクロース サンタクロース サンタ サンタクロース(英: Santa Claus)は伝説上の人物で、赤い服を着て白い髯をはやした老人の姿で知られる。トナカイのひく空飛ぶそりに乗り、クリスマス・イヴに子供たちにプレゼントを配って回るとされるが、時代や地域によりサンタクロース
29キロバイト (3,861 語) - 2023年11月25日 (土) 01:38

(出典 nagublog.com)
きょう12月6日は「サンタクロース・デー」と制定されています。

「サンタクロース・デー」が12月6日である理由はサンタクロースの起源といわれている、270年頃に実在したギリシアの司教「聖ニコラウス」の忌日であるため。


コメント:サンタクロース・デーが12月6日になった理由について、興味深く読みました。カトリックの守護聖人、サンタクロースの聖ニコラウスの命日に合わせているんですね。子どもたちにとってはクリスマスのプレゼントという形で楽しんでいるけれど、教会の伝統を感じることができる日でもあるんですね。

コメント:実はサンタクロース・デーが12月6日に設定された理由を知らなかったので、ブログで学べて嬉しいです。聖ニコラウスの命日にちなんでいると聞いて、なるほどと納得しました。クリスマスの前にサンタクロースからプレゼントをもらえる喜びを感じながら、その背後にある宗教的な意味も忘れずに過ごしたいと思います。

コメント:なるほど、サンタクロース・デーが12月6日になったのは聖ニコラウスの命日にあわせているからなんですね。子どもたちにとってはただ楽しいイベントなのかなと思っていましたが、背景にある意味を知ることで、より深い理解ができました。家族や友人との特別な時間を過ごすだけでなく、サンタクロースの精神に思いを馳せる日として大切に過ごしたいと思います。











ゲーム人気ランキング