毎日の時事ネタ・ニュース

毎日の時事ネタ・ニュースを紹介! ▶アニメ・ゲーム・イベントはまとめサイトを作成(コラボ・一番くじ・花火好き) ▶時事ニュースは2ちゃんねるで最速でご連絡!

    【毎日の時事ネタ・ニュース】 気まぐれに面白いネタ・気になったニュースをアピール!当ブログでは広告・PRが含まれています

    カテゴリ:野球 > 国内野球

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    (出典 ceat.gob.mx)

    阿部監督の采配にも注目が集まりそうだ(C)KentaHARADA/CoCoKARAnext

     いよいよプロ野球の2024シーズンが始まる。

     V奪回を目指す巨人は昨年覇者の阪神とぶつかる。昨年6勝18敗1分けと歴史的な大敗を喫した相手にどう戦いを挑むのか、阿部慎之助監督の起用、采配に注目が高まる。

    【動画】背番号35が圧巻の一振り!ドラ4泉口がサヨナラ打を放ったシーン


     新戦力という観点からいけば、「1番・中堅」で先発が濃厚となっているドラフト3位ルーキー佐々木俊輔のプロ初打席は見逃せない。実現すれば、球団ルーキーの開幕1軍は96年の仁志敏久氏以来28年ぶりの快挙ともなる。

     佐々木といえば、入団前から評価は高かったが、キャンプオープン戦を通じて好調をキープし続けたのも立派。打球速度は170キロを計測、球を引き付けて広角に打てるのも魅力だ。守備、走塁にも非凡なセンスを示しており、オープン戦打率4割も納得の成績となった。

     また鉄壁の内野陣ともいわれる今季の布陣でスーパーサブとして、様々な場面で活躍が期待されるのはドラフト4位ルーキー泉口友汰だ。昨年、出世頭となった門脇誠が着けた背番号「35」を引継ぎ、オープン戦では本職が遊撃ながら、内野全ポジションを経験。堅守で首脳陣を喜ばせた。19日のロッテとのオープン戦では9回二死満塁の好機にサヨナラ打も放ち、すでにヒーローの星も持ち合わせている。

     そして投手ではドラフト1位、阿部監督の直系の後輩でもある西舘勇陽の投球に注目が高まりそうだ。当初は先発希望だったが、チーム構想により7回を任されることになった。オープン戦は5試合に登板し、防御率1・59。最速155キロの直球に高速フォーク、カットボールなど多彩な変化球も光る。昨年リーグワーストの救援防御率と近年はブルペン強化が課題とされる中、しっかりチームを支えるつもりだ。

     ほかにも今季は様々な新戦力が開幕1軍入りを果たしている。 

     サブマリン右腕の高橋礼オープン戦で結果を積み上げ、開幕ローテーションの一角を託される存在に。阪神からの移籍組となったカイル・ケラーもブルペンを支える新戦力として期待を集める。すでに阪神では守護神経験も持ち、日本野球にも精通している。来日2年目の昨季は27試合で防御率1・71と安定した力を発揮したリリーバーがチームを救う存在となるか。


     また新戦力とはいえないが、巻き返しを期す選手たちの意地にも注目したい。今季がプロ5年目となる右腕、堀田賢慎は右ふくらはぎ痛で出遅れた大勢が開幕に間に合わなかった場合の代役守護神に指名されたほど、オープン戦を通じて安定した投球を見せた。山崎伊織と同じくトミー・ジョン手術組、潜在能力の高さは周囲に認められており、今季こそ快投が期待されている。

     野手では松原聖弥にも期待が高まる。「育成の星」として知られたが、近年は打撃不振に悩まされた。元々走攻守に優れた選手として知られているとあって阿部監督から打撃指導を受けながら、定位置奪取を目指す。 

     そして大事な扇の要である捕手ポジションでは日本ハムからトレード移籍となった郡拓也も面白い存在となりそうだ。内外野こなせる超ユーティリティプレーヤーで知られ、オープン戦でも内野を守り、高い守備力が絶賛された。俊足でも知られ、様々な場面で重宝されそうだ。
     
     昨年までのメンバーとは複数ポジションでがらりと顔ぶれが替わってきそうな今年の巨人。チームスローガン通り「新風」吹き荒れるシーズンとなるか。新戦力の躍動した姿をまずは楽しみにしたいところだ。


    [文/構成:ココカラネクスト編集部]



    【巨人】いよいよ開幕、新風吹き荒れるか V奪回目指す2024シーズン チェックしておきたい「新戦力の名前」とは


    (出典 news.nicovideo.jp)

    このシーズンの注目選手として挙げられるのは、若手選手の中でも飛び抜けて才能を持つ新戦力が多数加入しているチームです。彼らの活躍がチームの勝利に繋がることを期待しています!

    チームに加わった新戦力達は、まさに巨人の攻撃力や守備力をさらに向上させる存在となるでしょう。彼らのプレーに目が離せません!

    今シーズンの巨人はV奪回を目指すだけでなく、新戦力を活かして新たな戦術やスタイルを築いていくことが期待されます。ファンとしては、その成果を楽しみにしています!

    <このニュースへのネットの反応>

    【【巨人】いよいよ開幕、新風吹き荒れるか V奪回目指す2024シーズン チェックしておきたい「新戦力の名前」とは】の続きを読む

    comic/topic


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    (出典 full-count.jp)


    隅田知一郎の魔球チェンジアップは圧巻ですね。あの制球力とスピードの変化には本当に驚かされます。

    金丸夢斗のパーフェクトリレーも素晴らしかったです。若手投手の活躍が見られるのは将来の日本野球界にも期待が持てますね。

    侍ジャパンの左腕陣、本当に強力ですね。三振を取る姿はまさにロマンが感じられます。今後も期待しています。

    【【3者連続3球三振】巨人の星を見るようだ!:金丸夢斗がパーフェクトリレーの流れ作り、侍ジャパンが勝利を収める】の続きを読む

    comic/topic


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 news.nicovideo.jp)

    オリックスのキャンプ観客数が球団新記録を達成したことを報じていますね。ファンの熱気が伝わってきます!

    球団新記録おめでとうございます!オリックスのキャンプは何か特別な魅力があるんですかね。

    宮崎県内の球団でトップなんですね!オリックスの人気がすごいですね。地域の皆さんの応援が球団を支えているんでしょうね
    【【野球】オリックス 11日のキャンプ観客数2万9196人は球団新記録!巨人、ソフトBも抑えて宮崎県内トップ】の続きを読む

    comic/topic


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    「佐々木朗希選手は将来的にメジャーリーグでプレーしたいという野望を持っているようで、その意気込みには賞賛しかありません。彼の目指すキャリアハイとは一体どのようなものなのでしょうか?楽しみにしています。年俸は現状維持の8000万円ですが、彼の能力と野心を考えると、将来的に更なる報酬を手にすることも十分にあり得るのではないでしょうか。」

    「佐々木朗希選手の将来的なメジャーリーグ挑戦について、多くのファンが期待を寄せています。彼の価値を正当に評価し、キャリアハイを目指す意思を持つ姿勢は素晴らしいですね。年俸が現状維持の8000万円というのは、彼の成績やポテンシャルに考えると相対的に少なく感じるかもしれませんが、長い目で見れば彼の努力と成果が報われるでしょう。」

    「将来的にメジャーリーグ挑戦を目指す佐々木朗希選手のコメントには、大変やる気のある姿勢が感じられます。彼が目指すキャリアハイについて具体的な言及はないものの、彼の野球への情熱や向上心は伝わってきます。年俸は現状維持の8000万円ですが、その契約が将来の成功と報酬アップへのステップとなることを祈っています。頑張ってください、佐々木選手!」

    【佐々木朗希「将来的にメジャーリーグでプレーしたい。キャリアハイは目指さないといけない」年俸は現状維持8000万円】の続きを読む

    comic/topic


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    「プロ野球とメジャーリーグどちらが楽しい?女性の6割がMLBに夢中!」

    大谷翔平・ロサンゼルス・ドジャース

    大谷翔平エンゼルスからドジャースに移籍し、同じくドジャースにはオリックスから山本由伸ポスティング移籍。

    DeNAからは、今永昇太シカゴ・カブスに移籍するなど、米メジャーリーグでは、今年も多くの日本人選手が活躍を見せそうだ。

     

    ■日本の球場も魅力的に

    一方、日本のプロ野球も最近は女性ファンが増えつつあるなど、注目を増している。球場もきれいになり、グルメグッズなども充実して、野球観戦の楽しさも拡がる。

    いよいよ球春到来。日本のプロ野球と米国のメジャーリーグ。世間ではどちらに注目している人が多いのだろうか。

     

    関連記事:大谷翔平に来季所属してほしいMLB球団は? 男性1位は「ドジャース」、女性は…

    ■ややMLB派が優勢

    Sirabee編集部が、1月9〜11日にかけて全国10〜60代男女1,000名を対象に「今季のNPBMLB、どちらに注目するか」について調査したところ、「圧倒的にNPB」と答えた人が13.4%。「ややNPBが32.6%」でNPB派は5割に満たなかった。

    最も多かった答えは「ややMLB」で38.5%。「圧倒的にMLB」という人も15.5%存在している。

    NPB・MLB

     

    関連記事:リクエスト制度では対象外の「野球の投球判定」 8割が現状からの変更求める

    ■女性はMLBに興味か

    男女でもやや傾向が異なるようだ。男性ではNPB派もMLB派も「圧倒的に」と答えた人が、女性より2倍程度。また、男性ではNPB派・MLB派がそれぞれ拮抗したが、女性ではMLB派がかなり優勢。

    女性では「ややMLB」と答えた人が47.7%。こうした層をうまく捉えることで、さらにファン層が拡がっていくかもしれない。

    NPB・MLB

     

    関連記事:バウアー投手、来季の所属先は? 6割は「MLB復帰よりまた横浜DeNAで」

    ■執筆者プロフィール

    タカハシマコトニュースサイトSirabee編集主幹/クリエイティブディレクター

    1975年東京生まれ。1997年一橋大学社会学部を卒業。2014年NEWSYを設立し、代表取締役に就任。東京コピーライタークラブ(TCC)会員。カンヌライオンズシルバー、TCC審査委員長賞、ACCシルバーなどの広告賞を受賞。

    著書に、『ツッコミュニケーション』(アスキー新書)『その日本語、お粗末ですよ』(宝島社


    プロ野球とメジャーリーグはどちらが楽しみ? 大谷翔平効果か、女性は6割が「MLB」
    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 ya9.info)

    記事に対するコメント

    「大谷翔平選手の活躍が素晴らしい!メジャーリーグの試合を見ていてもワクワクします。日本人選手が世界で活躍する姿に感動です。」

    「プロ野球も素晴らしいですが、やはりメジャーリーグの試合は迫力が違いますね。選手たちのパワフルなプレーに魅了されています。」

    「メジャーリーグの試合を見ていると、アメリカンスタジアムの雰囲気がとても楽しそう!スタンドの盛り上がりもすごいですし、やはり一度は現地で観戦したいと思っています。」
    【「プロ野球とメジャーリーグどちらが楽しい?女性の6割がMLBに夢中!」】の続きを読む

    comic/topic


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    福本豊氏が明かす、なぜソフトバンクは他球団よりも足攻撃に長けているのか?

     ソフトバンクにFA移籍した山川穂高人的補償和田毅ではなく、甲斐野央やった。日刊スポーツのスクープで和田に決まりかと思っていたら、翌日の新聞で違う名前になっていた。いろいろと憶測されているが、真実はソフトバンクと西武の両球団しかわからない。

     言えることは、28名のプロテクトから漏れていたことが報道され、球団の顔である和田のプライドを大きく傷つけたこと。和田自身は「いろいろな報道、記事が出ているみたいですけど、自分としては、この件に触れたくない思いと考えたくない思い」と語っている。インスタグラムには誹謗中傷するコメントも寄せられているという。残り少ない現役生活を完全燃焼しようとしているのに、思わぬミソがついてしまった。ソフトバンクは、まさか42歳の和田を指名候補にするなど予測していなかったんやろうけど、失態と言われても仕方がない。

     ソフトバンクからすると甲斐野を取られるのもほんとに痛い。昨年も46試合に登板し、3勝1敗2セーブ防御率2.53。ブルペンで欠かせない存在となっていた。実は甲斐野とは小学生の時から縁があった。大阪のABCラジオで「少年野球を実況する」コーナーがあって、その時に甲斐野を教えたことがある。東洋大姫路から東洋大に進み、2018年ドラフト1位でソフトバンクに入団。宮崎キャンプを訪れた際に話をすると、しっかり覚えてくれていた。

     甲斐野からすると、一皮むけるチャンスかもしれない。1年目に65試合も投げ、翌年に右肘を手術。21年に復帰したけど、好不調の波が激しい印象がある。昨年もブルペンで重宝されたとはいえ、いい場面で打たれることが度々あった。150キロを軽く超えるストレートを持っていながら、まだ能力を全開にできていない。優しすぎる性格も邪魔をしている可能性がある。これが古巣のソフトバンク相手に、あの剛球で内角をえぐる投球ができたら、強烈な恩返しができるはず。ぜひとも新天地での活躍を応援したい。

     それにしてもソフトバンクはFAの人的補償で、21年に岩嵜翔を中日に、23年に田中正義日本ハムに、そして今年の甲斐野と3年連続でドラフト1位を放出した。ちょっと考えられない事態や。普通はドラ1の選手がチームを引っ張っていくのに、ここ10年ぐらい、ソフトバンクで中心選手になったドラフト1位はいない。4軍まであって、ドラ1も育てられないのはどういうことやろ。ファームの施設も12球団屈指の最新設備が整っているのに不思議で仕方がない。昨年、日本一となった阪神は大山、近本、佐藤輝、森下と、ドラフト1位で打線を引っ張った。これが本来のあるべき姿。FAに頼ってドラフト1位を差し出していては、ファンも複雑やと思う。

     プロ野球の正月と言われる2月1日キャンプインも近い。そこで気になるのはロッテ佐々木朗希の未更改の契約。来オフのポスティングシステムでのメジャー挑戦か否かを話し合っているとの報道もある。僕から言わしたら、メジャーうんぬんは山本由伸のようにタイトルを取るぐらいの活躍をして、チームを優勝させてからでいい。次のステップに進むには最低でも1年間、先発ローテを守ってから。悪しき前例を作ったら、日本球界がおかしくなる。

    福本豊(ふくもと・ゆたか):1968年に阪急に入団し、通算2543安打、1065盗塁。引退後はオリックスと阪神で打撃コチ、2軍監督などを歴任。2002年野球殿堂入り。現在はサンテレビABCラジオスポーツ報知で解説。

    アサ芸プラス
    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 activel.jp)
    ソフトバンクの足攻は本当に凄いですよね!どんな局面でも積極的に走る姿勢は、他のチームとは一線を画しています。

    福本さんのおっしゃる通り、ソフトバンクの走塁は不思議ですね。どうやってあんなにスピードを出すのか、いつも驚かされます。

    ソフトバンクの走塁は野球の基本を追求していると感じます。力強さだけでなく、戦略や判断力も兼ね備えているのが素晴らしいと思います。
    【福本豊氏が明かす、なぜソフトバンクは他球団よりも足攻撃に長けているのか?】の続きを読む

    comic/topic


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ロッテ・佐々木朗希、契約更改の越年決定で球団史上最高額は達成か!?

    と言うか・・そんなに勝ってないでしょう(;´・ω・)
    ロッテが出たいのも分かるが・・・きちんと育ててくれたロッテだよ。
    佐々木 朗希(ささき ろうき、2001年11月3日 - )は、岩手県陸前高田市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。千葉ロッテマリーンズ所属。 日本プロ野球(NPB)記録かつ世界記録となる13者連続奪三振、プロ野球タイ記録の1試合19奪三振の記録保持者。初の平成かつ21世紀生まれにして、21世紀並び…
    91キロバイト (12,205 語) - 2023年12月18日 (月) 07:57
    「佐々木朗希選手の契約更改の越年は少し意外でしたが、まだ4年目の若手投手ですし、成績も順調に伸ばしてきているので、球団は将来への期待を込めての判断かもしれませんね。今後の成長が楽しみです!」


    【ロッテ・佐々木朗希、契約更改の越年決定で球団史上最高額は達成か!?】の続きを読む

    comic/topic


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【野球】ロッテ・佐々木朗希、来季メジャー挑戦の意思を表明!ポスティング申請期限15日に迫る

    三選手を、台湾で行われるウィンターリーグに鎌田光津、原嵩、松田進三選手を派遣。 ドラフト会議では「令和怪物」と評された佐々木朗希を4球団競合末、獲得に成功した。 オフに引退した福浦和也翌年より二軍ヘッドコーチ兼打撃コーチ、阿部和成二軍サブマネージャー、伊志嶺翔大
    289キロバイト (43,409 語) - 2023年12月10日 (日) 00:20
    佐々木 朗希(ささき ろうき、2001年11月3日 - )は、岩手県陸前高田市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。千葉ロッテマリーンズ所属。 日本プロ野球(NPB)記録かつ世界記録となる13者連続奪三振、プロ野球タイ記録の1試合19奪三振の記録保持者。初の平成かつ21世紀生まれにして、21世紀並び…
    90キロバイト (12,137 語) - 2023年12月5日 (火) 07:19
    コメント:佐々木朗希のメジャー挑戦要望、非常に注目されていますね。彼の実力はすでに日本国内で確かなものですが、メジャーリーグでの活躍がどのような結果をもたらすのか、非常に興味深いです。

    コメント:ポスティング申請期限が迫っている中、佐々木朗希がメジャー挑戦を望んでいるとの報道がありました。彼のピッチングスタイルは非常に個性的であり、メジャーリーグでも一定の成果を上げることができるのではないかと期待されています。

    コメント:佐々木朗希のメジャーリーグ挑戦は日本の野球ファンにとっても大きなニュースです。彼の成長を見守ってきたファンとしては、彼がメジャーリーグでも躍進する姿を見たいと願っています。メジャーリーグでの活躍が彼の野球人生にとって新たな一歩となることを願っています。

    【【野球】ロッテ・佐々木朗希、来季メジャー挑戦の意思を表明!ポスティング申請期限15日に迫る】の続きを読む

    comic/topic


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【パワハラ】楽天球団に激震!安樂智大コーチのパワハラ疑惑が浮上 選手からの告発が相次ぐ

    楽天グループ > 東北楽天ゴールデンイーグルス ポータル 野球 東北楽天ゴールデンイーグルス(とうほくらくてんゴールデンイーグルス、英: Tohoku Rakuten Golden Eagles)は、日本のプロ野球球団。パシフィック・リーグに所属している。 宮城県を保護地域とし、仙台市宮城野区にあ…
    319キロバイト (49,018 語) - 2023年11月24日 (金) 16:58

    (出典 www.konami.com)
    コメント:「こんなにも信じられない話を聞いたことがありません。安樂智大のパワハラ疑惑は許されるべきではありません。早急に真相の es es を追求してほしいです」

    コメント:「楽天が本当に選手の安全を守るためには、パワハラ行為に対して厳罰を科すべきです。告発された選手たちが勇気を持って声を上げたことに感謝しています」

    コメント:「プレーで結果を出すことが求められる野球界で、選手たちがパワハラに苦しむ状況は許されません。チーム全体で問題を解決する取り組みが必要です」

    【【パワハラ】楽天球団に激震!安樂智大コーチのパワハラ疑惑が浮上 選手からの告発が相次ぐ】の続きを読む

    comic/topic


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【プロ野球】静岡と新潟、来季からプロ野球2軍参入が決定!球団が66年ぶりに増える大ニュース!

    プロ野球プロやきゅう)とは、野球プロフェッショナルスポーツ(プロスポーツ)形態を指す言葉である。略さずに「プロフェッショナル野球」とも言う。対義語は「アマチュア野球(アマ野球)」である。英語では「professional baseball」と表記される。 日本においては、特に日本野球
    51キロバイト (3,524 語) - 2023年11月5日 (日) 12:45

    (出典 mainichi.jp)
    コメント:静岡と新潟の球団増が正式に決定したのは嬉しいニュースですね。特に新潟は長年プロ野球球団がなかったため、地域の野球ファンにとっては待望の瞬間だと思います。これからは地元の選手たちもプロの舞台で活躍することができますし、新たなファンも増えてさらに盛り上がることでしょう。

    コメント:静岡と新潟が来季から2軍参入するということは、プロ野球の地域密着型戦略が進化している証ですね。地方にもプロの試合が増えることで、地元経済にもプラスの効果が期待できますし、地域の野球文化も発展していくことでしょう。今後はこれまで以上に地元の選手の発掘や育成に力を入れて、地域の野球界を盛り上げていってほしいです。

    コメント:66年ぶりの球団増ということで、プロ野球界にとっては重要な節目となりますね。静岡と新潟は地元のファンを中心に熱い応援を受けられるのではないでしょうか。また、地域ごとの個性や魅力を活かした球団づくりが進み、プロ野球の競争力も高まることでしょう。新たな球団の誕生により、プロ野球における地域間の競争や交流も盛んになることを期待しています。

    1 ぐれ ★ :2023/11/22(水) 15:52:52.87 ID:nGrSgM+G9
    ※11/22(水) 15:19LOOK

     プロ野球オーナー会議が22日午後2時から都内のホテルで開催され、内定していたハヤテ223の「静岡」、オイシックス新潟アルビレックスBCの「新潟」の来季2軍参入が正式決定した。

    続きは↓
    https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/look/region/look-25110

    【【プロ野球】静岡と新潟、来季からプロ野球2軍参入が決定!球団が66年ぶりに増える大ニュース!】の続きを読む

    comic/topic


    最新情報!

    このページのトップヘ