毎日の時事ネタ・ニュース

毎日の時事ネタ・ニュースを紹介! ▶アニメ・ゲーム・イベントはまとめサイトを作成(コラボ・一番くじ・花火好き) ▶時事ニュースは2ちゃんねるで最速でご連絡!

    【毎日の時事ネタ・ニュース】 気まぐれに面白いネタ・気になったニュースをアピール!当ブログでは広告・PRが含まれています

    カテゴリ:地域特集 > 沖縄

      このエントリーをはてなブックマークに追加


     乾燥梅干し「スッパイマン」のお酒が期間限定で登場。

     三菱食品株式会社株式会社上間菓子店とのコラボチューハイ「スッパイマン梅サワー」が、2月13日に全国で再発売されます。希望小売価格はオープン価格です。

    【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】

     沖縄県の銘菓「スッパイマン」は、1981年に発売されたロングセラー商品。乾燥梅干しが独特な風味の調味液で味付けされ、梅の風味に絶妙な甘さが加わった甘じょっぱい味わいが特徴です。

     本商品は、その独特な甘じょっぱさを再現しつつ、チューハイとして美味しく飲める一品に仕上がっているとのこと。


     パッケージは、赤と黄色を使用したインパクトのあるデザイン。お馴染みのすっぱいマン公式キャラクターが「梅」の文字をパンチで突き破るデザインは、本商品の突き抜ける美味しさを表現しているそうです。

     容量は350ml、アルコール度数は7%となっています。


    「スッパイマン梅サワー」再発売 沖縄の銘菓「スッパイマン」がお酒に


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 prtimes.jp)



    「スッパイマン梅サワー」は、沖縄の銘菓とお酒が絶妙に融合した逸品です。梅の酸味が爽やかで、スッパイマンの独特な風味がアクセントになっています。ほどよく甘さもあり、飲みやすくて美味しいですよ!

    スッパイマン好き必見!この「スッパイマン梅サワー」は、思わず笑ってしまうほどの名前ですが、味わってみるとハマること間違いなしです。どんな食べ物とも相性抜群で、お酒のお供に最適です。新鮮な梅の酸味が広がり、一口飲むたびに沖縄の風が感じられます。

    沖縄の伝統的なお菓子、「スッパイマン」がお酒の形で再登場!これは一度試してみる価値ありです。梅の風味がまろやかなサワーと相性が抜群で、さっぱりとした口当たりが夏にぴったりです。スッパイマンのファンなら必ず楽しめるはずです!
    【「沖縄の銘菓スッパイマンがお酒に変身!限定再販開始」】の続きを読む

    comic/topic


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    (出典 www.jal.co.jp)

    2024.4.13.SAT
    場所 宜野湾海浜公園(ぎのわんトロピカルビーチ)
    開場 15:30
    開演 19:00

    昨年も会場には家族連れや国内外からの観光客ら計1万1800人が訪れ、夜空を彩る1万発の花火

    藤川球児氏のトークショーが楽しみですね!沖縄で日本一早い花火大会というだけで盛り上がりますが、さらに特典満載のツアーということで、参加者はきっと楽しい時間を過ごせるでしょう。

    市制60周年を1万発の花火で彩る「琉球海炎祭2022」の開催が決定したとのことで、これは見逃せないイベントですね。沖縄の美しい夜空に打ち上げられる花火を見ながら、市制60周年を祝うことができるなんて素敵です。

    市制60周年を1万発の花火で彩る「琉球海炎祭2022」の開催が決定したとのことで、これは見逃せないイベントですね。沖縄の美しい夜空に打ち上げられる花火を見ながら、市制60周年を祝うことができるなんて素敵です。

    【春の花火:沖縄JALPRESENTS『琉球海炎祭』今年も始まる熱き花火「開催日:4月13日」】の続きを読む

    comic/topic


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    沖縄:シャングリア「2025年に開園するテーマパーク」ディズニーランドと好対照の“異世界”にかかる期待



    (出典 ovo.kyodo.co.jp)

    各イメージはこんな感じですかね?

    ・ディズニーランドは夢
    ・USJは非現実世界
    ・西武ゆうえんち:昭和のレトロ
    ・シャングリア:自然
    きちんとしたテーマに合わせたテーマ―パーク

    沖縄北部に新しいテーマパーク「JUNGLIA」

    2025年、沖縄北部に新しいテーマパーク「JUNGLIA」が開業することが、ジャパン・エンターテイメントによって発表された。同社の発表によれば、このテーマパークは「都会にはない興奮と贅沢のテーマパーク」であり、近隣に世界遺産「やんばる」があるという特徴を活かしたアトラクションを計画しているという。
    アトラクションは数十種類あり、大森林をジャングルに見立てて冒険に出るサファリライドや、沖縄の絶景を大空に見立てたジップライン、大自然をめぐる気球型のライドなど、どれも沖縄の自然を活かしたアトラクション

    記事に対するコメント

    ジャングリアの開業が待ち遠しいです!やんばるの美しい自然環境がテーマパークと融合するというのは、とても魅力的ですね。今から楽しみにしています。

    ディズニーランドとは異なる一風変わった世界観が期待できるなんて、とても興味深いです。ジャングリアのテーマが自然や環境に関連しているということで、エコフレンドリーな取り組みや学びの場もあるのかなと思います。

    2025年に開園するテーマパーク、ジャングリアは話題になっていますね。やんばるの自然景観を生かした場所が作られるということで、自然愛好家や冒険心のある人にとっては夢のような場所になるのではないでしょうか。早く行ってみたいです!

    【沖縄:シャングリア「2025年に開園するテーマパーク」ディズニーランドと好対照の“異世界”にかかる期待】の続きを読む

    comic/topic


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    沖縄美ら海水族館(おきなわちゅうみすいぞくかん、英: Okinawa Churaumi Aquarium)は、沖縄本島北西部の本部半島備瀬崎近くにある国営沖縄記念公園・海洋博覧会地区(海洋博公園内)の水族館。一般財団法人沖縄美ら島財団が管理・運営している。「チュうみ」とは沖縄の方言で「清〔きよ〕ら(しい)海」という意味。…
    27キロバイト (3,647 語) - 2023年7月5日 (水) 14:09

    『沖縄美ら海水族館』水族館スポット紹介:子供に夢を見せる世界最大海洋ジンベイザメ

    no title


    沖縄美ら海水族館が新種のイソギンチャクを発見したと聞いて、とても驚きました!自然界にはまだまだ知られていない生物がたくさん存在するんですね。沖縄美ら海水族館の研究チームの努力に感謝します。新種のイソギンチャクの展示も楽しみです。

    全国水族館はこちら:隣の県の水族館は是非オススメ

    沖縄美ら海水族館は、沖縄県本部町にある水族館です。2002年に開館し、世界最大の魚類であるジンベエザメを飼育展示する水族館として知られています。

    沖縄美ら海水族館は、沖縄本島北西部の本部半島、東シナ海に面した備瀬崎に位置しています。水族館の敷地面積は約19万平方メートルで、そのうち水槽の面積は約7万平方メートルです。

    沖縄美ら海水族館には、約740種、約1万4,000点の海洋生物が展示されています。その中でも、ジンベエザメは世界最大の魚類であり、沖縄美ら海水族館では約8メートルのジンベエザメを飼育展示しています。

    沖縄美ら海水族館は、沖縄の美しい海を再現した水槽が特徴です。水槽は、沖縄のサンゴ礁、黒潮、深海など、様々な海の環境を再現しています。また、水槽には、ジンベエザメやマンタ、クジラなどの大型海洋生物から、ウミガメやサンゴ礁魚などの小型海洋生物まで、様々な海洋生物が展示されています。

    沖縄美ら海水族館は、沖縄を代表する観光スポットであり、年間約200万人が訪れる水族館です。沖縄の美しい海を体感したいという方におすすめの水族館です。

    □■□■□■□■□
    □■□■□■□■□
    【『沖縄美ら海水族館』水族館スポット紹介:子供に夢を見せる世界最大海洋ジンベイザメ】の続きを読む

    comic/topic


    最新情報!

    このページのトップヘ