毎日の時事ネタ・ニュース

毎日の時事ネタ・ニュースを紹介! ▶アニメ・ゲーム・イベントはまとめサイトを作成(コラボ・一番くじ・花火好き) ▶時事ニュースは2ちゃんねるで最速でご連絡!

    【毎日の時事ネタ・ニュース】 気まぐれに面白いネタ・気になったニュースをアピール!当ブログでは広告・PRが含まれています

    カテゴリ:地域特集 > 青森

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    青森県民:旅行いっちゃうぞ!


    青森で「車の中に風呂道具」ステッカー 風呂文化を伝える

    (出典:みんなの経済新聞ネットワーク)
    この項目では色を扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。 青森県(あおもりけん)は、日本の東北地方に位置する県。県庁所在地は青森市。 県の人口は全国31位、面積は全国8位。令制国の陸奥国(むつのくに、りくおうのくに)北部にあたる。 青森県は東北地方及び本州の最北部でもあり、岩手県、秋田県を含む北東…
    143キロバイト (16,197 語) - 2023年12月10日 (日) 13:27

    (出典 mainichi.jp)

    気まぐれスレ、本気でいちゃダメ、スレッド

    気まぐれスレ、本気でいちゃダメ、スレッド

    ちなみに夏でもめっちゃアツい、冬の太平洋側・日本海側では全く違う
    リンゴが主食ではない

    海産物がめっちゃうまいのだが北海道民に取られる青森県民

    気を付ける青森(津軽弁)


    気を付ける青森(津軽弁)
    「わいは!あのわらし、きがねじゃ!」⇒「あらまぁ!あの子供、気が強いわ!」
    「めぐせぇはんで、やめでけじゃ!」⇒「恥ずかしいから、やめてくれ!」
    「かにかに、湯しゃっけがったべ」⇒「ごめんごめん、お湯冷たかったね」
    「なんぼ、おどど、ふっとずだば」⇒「なんて、お父さんと、そっくりなんでしょう」
    とりあえず、全部怒っている雰囲気(;´・ω・)

    1 それでも動く名無し :2023/11/26(日) 15:03:05.94ID:Jrzt9HAc0
    今度遊びに行くからグルメ情報教えて

    【青森県民:旅行いっちゃうぞ!】の続きを読む

    comic/topic


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)は、青森県十和田市の十和田湖東岸の子ノ口(ねのくち)から北東に、焼山(十和田市法量(大字)焼山(字))までの約14 kmにわたる奥入瀬川の渓流。十和田八幡平国立公園に属する。国指定の特別名勝及び天然記念物(天然保護区域)。 二重カルデラ湖の十和田湖が決壊して形成され…
    16キロバイト (2,314 語) - 2023年11月18日 (土) 09:55

    【冬の絶景温泉】青森 奥入瀬渓流「真っ白な雪が森を包み込み、一面銀世界に!冬にはその流れも止まり大きな氷柱」


    (出典 西遊旅行)

    青森 奥入瀬渓流


    十和田八幡平国立公園に属す奥入瀬渓流には、清流と苔むした岩、落葉広葉樹の森が広がります。瑞々しい新緑、錦秋の森、雪と氷の世界。
    その景観は、特別名勝、天然記念物にも指定されるほど。
    八甲田山の麓、十和田八幡平国立公園内に位置する奥入瀬渓流では四季折々の自然の景色を楽しむ

    奥入瀬渓流ホテル:奥入瀬渓流の畔に建つ唯一のリゾートホテル



    星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル:奥入瀬渓流の畔に建つ唯一のリゾートホテル
    034-0301 青森県十和田市大字奥瀬字栃久保231


    コメント:「星野リゾート奥入瀬渓流ホテル」は、自然に囲まれたロケーションが魅力的な宿ですね。渓流のせせらぎや美しい景色を望みながら、ゆったりとした時間を過ごせそうです。

    コメント:ライトアップが行われる「星野リゾート奥入瀬渓流ホテル」は、夜の幻想的な雰囲気が魅力。外へ出て星空を眺めるのもおすすめです。

    コメント:鉄道旅行が好きな人にもオススメな宿だそうです。近くには有名な駅や風景があり、列車の旅を楽しみながら宿泊できるのは魅力的ですね。

    【【冬の絶景温泉】青森 奥入瀬渓流「真っ白な雪が森を包み込み、一面銀世界に!冬にはその流れも止まり大きな氷柱」】の続きを読む

    comic/topic


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    土曜スペシャル 温泉タオル集め旅:紅葉の絶景露天SP▼青森&秋田の秘湯へ

    土曜スペシャル (テレビ東京) (カテゴリ すべてスタブ記事)
    秋田県湯沢市 渓谷美が彩る!大露天風呂自慢宿 泥温泉「奥山旅館」(高瀬春奈夫妻) 2009年8月29日:ニッポン心風景 秘湯一軒宿 渓流に湧く!天然川風呂~秋田・大湯温泉「阿部旅館」(加納竜、金田賢一) 絶景野天とラムネ青森・八甲田温泉「遊仙」(今陽子、芦川よしみ) 上高地・神秘
    266キロバイト (37,968 語) - 2023年11月17日 (金) 08:02
    コメント:「温泉タオル集め旅紅葉の絶景露天SP」、青森と秋田の秘湯の写真が素晴らしいですね!特に紅葉が美しく、温泉に浸かりながらの景色は最高です。ぜひ自分も訪れてみたいと思いました。

    コメント:青森と秋田の秘湯の雰囲気が伝わってきますね。特に露天風呂からの景色が素晴らしい!紅葉の季節に行ってみたいなと思いました。これからの季節、温泉旅行がますます楽しみになりました。

    コメント:温泉好きの私にとって、このブログ記事はまさに夢のような旅行です。青森と秋田の秘湯にこんなに素敵な場所があるなんて知りませんでした。写真を見るだけで癒されます。次の休みに、ぜひこちらの温泉旅行を計画してみたいです!

    【土曜スペシャル 温泉タオル集め旅:紅葉の絶景露天SP▼青森&秋田の秘湯へ】の続きを読む

    comic/topic


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    八戸三社大祭(はちのへさんしゃたいさい)は、毎年7月31日から8月4日に青森県八戸市で行われる神社神道の祭礼である。7月31日の前夜祭、1日の「御通り(神幸祭)」、2日の「中日」、3日の「御還り(還幸祭)」、4日の後夜祭という日程で行われる。 「三社」とは、八戸
    31キロバイト (5,293 語) - 2023年7月1日 (土) 06:51


    八戸三社大祭は、青森県八戸市で年7月31日から8月4日に開催される夏祭りです。八戸市内にある三つの神社(八幡宮、白銀神社、三社神社)の氏子らが、神輿や山車を担いで市内を練り歩く行事です。八戸三社大祭は、約400年の歴史があり、日本三大山車祭りの一つに数えられています。

    八戸三社大祭の最大の見どころは、約30台の山車が市内を練り歩く「山車巡行」です。山車は、高さ約10メートル、幅約5メートル、重さ約10トンにもなる巨大な山車です。山車には、様々な絵が描かれており、その中でも、鬼や武将、動物などの絵が人気です。

    八戸三社大祭は、八戸市を代表する夏の風物詩です。多くの人が訪れ、夏の夜を満喫しています。

    【『青森7-8月祭り:八戸三社大祭』についてまとめてみた】の続きを読む

    comic/topic


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    弘前ねぷたまつり(ひろさきねぷたまつり)は、青森県弘前市で開催されるねぶた。 弘前さくらまつり弘前城菊と紅葉まつり弘前城雪燈籠まつりに並び「弘前四大まつり」の一つに数えられる。大勢の市民が「ヤーヤドー」の掛け声とともに、武者絵が描かれた山車を引いて市内を練り歩く。弘前ねぷたには扇ねぷた
    46キロバイト (6,418 語) - 2023年5月17日 (水) 08:19



    東北の夏祭りは本当に魅力的ですね。特に弘前ねぷたまつりは迫力満点のパフォーマンスが見どころです。外国在住者にも体験してもらいたいイベントですね。

    弘前ねぷたまつりは、青森県弘前市で毎年8月に開催される夏祭りです。1673年に始まり、今年で350回目を迎えます。弘前ねぷたまつりは、約20台のねぷた(山車)が弘前城周辺を練り歩く行事です。ねぷたは、高さ約10メートル、幅約5メートル、重さ約10トンにもなる巨大な山車です。ねぷたには、様々な絵が描かれており、その中でも、鬼や武将、動物などの絵が人気です。

    弘前ねぷたまつりは、弘前市を代表する夏の風物詩です。多くの人が訪れ、夏の夜を満喫しています。

    2023年の弘前ねぷたまつりの詳細は、以下の通りです。

    日時:8月1日から7日まで開催
    時間:19:00〜21:00
    場所:弘前城周辺
    入場料:無料
    弘前ねぷたまつりは、夏の夜空を彩る美しいねぷたを鑑賞できるイベントです。ぜひ、ご家族やご友人とご一緒にお楽しみください。

    旅行行くなら、宿泊・食事・レンタカーなど全てに使える「じゃらん
    春・夏・秋・冬など当日のイベント状況も出来る。
     
    【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!


    no title
    ※今年はやってるか不明

    【『青森8月祭り:弘前ねぷたまつり』についてまとめてみた】の続きを読む

    comic/topic


    最新情報!

    このページのトップヘ