毎日の時事ネタ・ニュース

毎日の時事ネタ・ニュースを紹介! ▶アニメ・ゲーム・イベントはまとめサイトを作成(コラボ・一番くじ・花火好き) ▶時事ニュースは2ちゃんねるで最速でご連絡!

    【毎日の時事ネタ・ニュース】 気まぐれに面白いネタ・気になったニュースをアピール!当ブログでは広告・PRが含まれています

    カテゴリ:時事・ニュース > レトロ時代

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    『ホームランバー』について画像をまとめてみた

    白樺の棒に焼印がつけられ、「ホームラン」なら1本、「ヒット」なら3本で新たなホームランバーと交換できる趣向が人気を博した。 1956年より、アイスクリームバーの生産を開始。当時の販売価格は1本10円であった。形状は四角柱状で、銀紙で包装され、スティックは木製であった。その後長嶋茂雄を広告に起用し、商品名を「ホームランバー」に改めた。…
    5キロバイト (630 語) - 2023年3月19日 (日) 08:36

    (出典 radonna.biz)
    ホームランバーは、1963年に協同乳業から発売された、アイスクリームバーです。発売当初から人気を博し、現在も日本を代表するアイスクリームバーの一つです。

    ホームランバーの人気の理由は、以下の3つが挙げられます。
    • シンプルで飽きのこない味
    • 当たりくじ付きのワクワク感
    • 幅広い層に受け入れられる価格
    ホームランバーの味は、バニラとチョコの2種類があり、どちらも濃厚でクリーミーな味わいです。シンプルな味わいだからこそ、飽きずに食べることができます。

    ホームランバーは、当たりくじ付きです。当たりくじを引くと、景品がもらえます。景品は、おもちゃや文房具など、子どもから大人まで楽しめるものばかりです。当たりくじ付きのワクワク感も、ホームランバーの人気の理由の一つです。

    ホームランバーは、1本あたり100円前後と、手頃な価格です。そのため、幅広い層に受け入れられています。

    日本だけでなく、海外でも人気があります。台湾や中国、韓国など、アジアを中心に、世界各国で販売されています。これからも日本のアイスクリーム業界を代表する商品として、長く愛され続けることでしょう。







    【【アイス】1956年:ホームランバー(協同乳業)】の続きを読む

    comic/topic


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1953年の創業以来、伝統的な玩具やボードゲームを主力商品とした。かつては日本初の大ヒット空気ビニール玩具となった「ダッコちゃん」をはじめ、着せ替え人形としてロングセラーとなった「リカちゃん」が主力商品であり「女児玩具のタカラ」と言われ、女児玩具部門では長らくトップの地位に在り続けた。その一方で「チョ…
    28キロバイト (3,287 語) - 2023年10月6日 (金) 16:23

    昭和35年:人気の『ダッコちゃん』についてまとめてみた(63周年)製造元のタカラトミー


    PLACEHOLDER_71e00a4065ac17f1_3

    ダッコちゃん、だっこちゃんは、1960年(昭和35年)に発売されたビニール製の空気で膨らませる人形の愛称。後に製造元のタカラ(→タカラトミー)もこの名称を使うようになった
    1960年7月に発売されて以降、若い女性を中心にブーム

    製造停止

    その後、ダッコちゃんはアメリカから黒人蔑視との批判が出て、タカラは「ダッコちゃんは黒人がモデルではなく日焼けした子供のデフォルメ」と釈明したが、商品自体の採算性の落ち込みもあり1988年(昭和63年)6月に製造を停止

    21世紀復活版

    2000年(平成12年)にタカラ社長に就任した佐藤慶太は「ダッコちゃんの復活」を社命に掲げた[17]。同年3月、佐藤慶太の呼びかけで社内にダッコちゃんの復活プロジェクト

    時事ドットコム





    【【知ってますか?】1960年(昭和35年):人気の『ダッコちゃん』についてまとめてみた(63周年)製造元のタカラトミー】の続きを読む

    comic/topic


    最新情報!

    このページのトップヘ