毎日の時事ネタ・ニュース

毎日の時事ネタ・ニュースを紹介! ▶アニメ・ゲーム・イベントはまとめサイトを作成(コラボ・一番くじ・花火好き) ▶時事ニュースは2ちゃんねるで最速でご連絡!

    【毎日の時事ネタ・ニュース】 気まぐれに面白いネタ・気になったニュースをアピール!当ブログでは広告・PRが含まれています

    カテゴリ:時事・ニュース > 病気

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    今週の(0゚・∀・)+ ワクテカ +


    81FEcWf0F7L._AC_SL1500_


    1: 名無しの時事ネタ 2023/05/10(水) 11:02:27.645 ID:158tHoW2a
    アイツら何者なんや 全部飲んでるんかな?

    【【重要な水】2Lペットの水やタンクに水入れて飲んでる社会人の正体は?「完全な病気持ち、多分結石・痛風だな・・・水を飲むだけで改善するのは良いよね」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    今週の(0゚・∀・)+ ワクテカ +


    71J9IupffaL._AC_SL1500_


    1: 名無しの時事ネタ 2023/11/05(日) 01:49:20.444 ID:lyx1nTE50
    (´・ω・`)ねーるーのーだー♪ねーるーのーだー♪

    んー、効いてる気がする・・・、トイレとかで起きなくなった、あと2度寝するとき最高に眠れる。飲んだだけで精神的に落ち着いてるかもしれない。

    ネットの方が安いので気まぐれに一回どうぞ!ドラッグストア高い(*´ω`*)
    ちなみに睡眠導入剤・ヤクルト1000でも自分には合ってます(トイレで起きないは深い眠りなのかな!)
    【(´・ω・`)さぁネルノダ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    歯医者嫌いの人へ、恐怖だけど行きやすい虫歯動画(安全だと分かる動画)


    記事に対するコメント

    どんな人でも歯医者には行きたくない( ̄▽ ̄;)これは当たり前!
    行けない理由はいくらでもあると思いますが、
    ・口の中にドリル入れるな・・
    ・時間が・・・
    ・文句言われる('Д')プンスカ
    ・痛い

    ・とにかく痛い大体、こんなもんでしょうか??行ってみるとまぁ平気なんだけど、やだよねぇー動画ではドリルが入ってないのが分かる、麻酔針の痛みがない麻酔クリームなどが見られますあとは歯から膿が出てくるのでドキドキ出来ます動画見たら、行こうかと思います。最近では金歯・銀歯ではなくレジンで簡単に出来る白い歯が簡単にできます
    【【恐怖動画】歯医者嫌いの人へ、恐怖だけど行こうと思える行きやすい虫歯動画(安全だと分かる動画)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.pinterest.com)


    頭皮神経痛に一度なった、首を痛めて、のぼりが髪にあたるだけで激痛、風でも痛い、ただただ痛い

    記事に対するコメント

    痛みランキング上げてみます!私の経験上、1位は「脚の静脈瘤」です。脚が重くて痛みがあり、静脈がはれて見えるのでとても辛かったです。2位は「子宮内膜症」。生理痛がひどく、鋭い痛みがお腹中心に広がる感じでした。そして3位は「尿路結石」。まさに地獄のような痛みで、腰からお腹にかけての辛さは忘れられません。皆さんのランキングはどうですか?

    私が経験した中で、1位は「骨折」です。骨が割れているわけですから、当たり前ですがかなりの痛みです。2位は「膝関節炎」。特に階段の上り下りが辛く、痛みがじわじわと広がる感じでした。そして3位は「歯の神経痛」。言葉では表現しきれないくらいの激しい痛みで、寝ることもままならなかったです。皆さんはどの病気が最も痛かったですか?

    私が経験した中で、まず1位は「帯状疱疹」です。皮膚の赤い発疹が広がり、炎症が激しく、痛みがとても強かったです。2位は「ぎっくり腰」。突然背中が強い痛みで攣り、動けなくなる感覚は辛いものでした。そして3位は「鼻炎」。鼻づまりや頭痛があり、眠れず苦しい日々でした。皆さんはどの病気が痛かったですか?

    【なったことのある病気で痛いランキング上げてけwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    GLNifQgaoAAvL5s

    1: 名無しの時事ネタ 2024/04/15(月) 22:02:13.90 ID:??? TID:kougou
    3年前、吹田市民病院の医師が腎臓の摘出手術で、誤った血管を切断し、40代の男性患者が死亡していたことがわかりました。

    吹田市民病院によりますと、2021年、腎臓泌尿器科の医師は40代の男性の腎臓の摘出手術の際に、本来切断する予定だった血管とは別の血管を切断したということです。男性は腎臓がんを患っていて、血管の切断後に出血。医師は止血のためバイパス手術を行いましたが、手術当日に出血性ショックで亡くなりました。

    リンク
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2f6a40b95b1fd2edfe019647981fe90e04eb2464

    【【医療ミス】手術で誤った血管切断 40代の男性患者死亡「患者と遺族に深くお詫び」原因は医師の人為的ミス】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    (出典 kanade-jibika.jp)
    CPAP療法の原理は、寝ている間の無呼吸を防ぐために気道に空気を送り続けて気道を開存させておくというもの。CPAP装置からエアチューブを伝い、鼻に装着したマスクから気道へと空気が送り込まれます。

    「鼻にマスクをつけて空気が送られてくる状況で眠れるものなのか?」と思われるかもしれませんが、医療機関で適切に設定された機器を使い、鼻マスクを正しく装着できているかどうかが重要なポイント


    CPAP療法は、いびきの原因である睡眠時無呼吸症候群を改善する効果がありますが、装置を常時使用する必要がある点がデメリットと言えます。

    レーザー治療は、手術を行わずに軽度から中等度のいびきを改善する効果がありますが、継続的な治療が必要で、結果が個人差がある点がデメリットと言えます。

    いびきによる睡眠離婚や避難所ストレスなど、身近な社会問題に対しては、まずは専門医の診断を受けることが重要であり、適切な治療法を選択することが必要です。

    【【1日が変わる】いびきで引き起こされる「睡眠離婚」睡眠時無呼吸症候群(SAS) やストレス社会問題の解決策は?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 shinryobunko.co.jp)
    【夜尿症を軽減するための生活習慣とは?おねしょは子供だけではない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    (出典 www.agara.co.jp)

    野沢雅子さんと鳥山明さんの訃報にショックを受けています。彼らの作品は多くの人々に愛されており、今後もその影響力は変わることがありません。心からご冥福をお祈りします。

    事務所からのコメントができない状況とのことですが、ファンとしては彼らのご冥福を思う気持ちを大切にしたいと思います。彼らの功績は今後も語り継がれることでしょう。

    野沢雅子さんと鳥山明さんの訃報に涙が止まりません。彼らが作り上げた作品は私たちの心に永遠の輝きを与えてくれました。感謝の気持ちを忘れずに、心からご冥福をお祈りします。

    【【みんなよりも近かった声優】野沢雅子、鳥山明さんの訃報にショック!所属事務所がコメントを控える】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【マジ注意】コタツで軽い気持ちで◯◯◯をした人、下半身不随になってしまう


    (出典 ナース専科)


    高校の先輩でいたな
    コタツから新聞取ろうと身体を捻ったら下半身不随になった人が

    【マジ注意:コタツで軽い気持ちで◯◯◯をした人、下半身不随になってしまう】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    致死率30%の“人食いバクテリア”被感染者の壮絶な闘病体験が明らかに


    (出典 テレ朝news)

    「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」

    「人食いバクテリア」は、正式名称を「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」
    感染症は、健康な人の咽頭や消化管、表皮などに常在する「A群溶血性レンサ球菌」という細菌が原因で発生します。この細菌は、手足の小さな傷口などをきっかけに、本来存在しない皮膚の深部や筋肉などの組織に入り込む

    発症者30%が死亡との報告も
    患者数年間1000人に30%と言うと300人

    記事に対するコメント

    人食いバクテリアの報告数が増加しているということは、予防がますます重要になってきますね。早めの対策が必要です。

    この病気が30%もの致死率を持っているということは、その厳しさがうかがえます。怖い病気ですね。

    感染した男性が語る闘病体験を聞くと、その苦しみが伝わってきます。早く治療法が確立されることを願うばかりです。

    【致死率30%の“人食いバクテリア”被感染者の壮絶な闘病体験が明らかに】の続きを読む

    このページのトップヘ