毎日の時事ネタ・ニュース

毎日の時事ネタ・ニュースを紹介!なんでも入れるけど「嬉しいニュース」「面白いニュース」がメインです。くだらない・楽しいニュースが好きなだけ。すぐ消えちゃうのでブックマークよろしく! 応援しておきますのでよろしくお願い致しますヾ(*´∀`*)ノ

    【毎日の時事ネタ・ニュース】 気まぐれに面白いネタ・気になったニュースをアピール!当ブログでは広告・PRが含まれています

    カテゴリ:音楽 > 洋楽(女性)

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【グラミー賞2024】最多9部門ノミネートのSZA(シザ)が驚愕のパフォーマンスを披露!


    (出典 rockinon.com)

    記事に対するコメント

    SZAの音楽は唯一無二で、彼女のユニークな歌声と表現力は聴く人々を惹き付けます。彼女の曲は心に響くメッセージを持っており、彼女の歌詞は深く感動的です。

    SZAは、自身の曲作りにおいても非常に専門的で独自のアプローチを取っています。彼女は作詞と作曲を両方手掛け、サウンドのプロデュースにも携わっています。彼女の音楽はその独特のクリエイティビティを反映しています。

    SZAは実力派のシンガーソングライターだけでなく、彼女のスタイルも注目に値します。彼女は常にオリジナルなファッションセンスで登場し、ユニークでエキサイティングなステージパフォーマンスを披露しています。彼女の個性的なスタイルは彼女の音楽と融合し、彼女のファンを魅了しています。

    【【グラミー賞2024】最多9部門ノミネートのSZA(シザ)が驚愕のパフォーマンスを披露!】の続きを読む

    comic/topic


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ブリトニー・スピアーズ「音楽業界には決して戻らない」と宣言&Instagramアカウントを削除


    モデルプレス=2024/01/05】米歌手ブリトニー・スピアーズBritney Spears)が現地時間3日、自身のInstagramにて音楽業界からの引退を示唆する発言を投稿。その後Instagramアカウントを削除した。

    【写真】ブリトニー・スピアーズ&ピース綾部祐二の2ショット公開

    ブリトニー・スピアーズ、音楽業界からの引退示唆

    ブリトニーInstagramにて「明らかなのはほとんどのニュースがゴミだってこと!!!それらは私が新しいアルバムを作るためにいろいろな人を頼っていると言い続けています…」と、一部で新アルバム制作のために複数のアーティストらと作業していると報じられていたことに言及。そして「私は音楽業界には決して戻らない!!!」と宣言した。

    10月24日に自身の回顧録『The Woman in Me(原題)』を発売し、数々の暴露で騒動にもなっているブリトニー。続けて「私が書くときは、楽しむためか、他の人のためかよ!!!私の本を読んでくれた人たちは、私について知らないことがたくさんあったと思う。この2年間で、20以上の曲を他の人のために書いたわ!!!私はゴーストライターで、正直、それを楽しんでいるの!!!私の本が私の許可なく違法に発売されたとも言われてるけど、それは真実とはほど遠い…最近のニュースを読んだことがある??私は愛されているし、祝福されています!!」とつづった。

    その後ブリトニーは4日までに、自身のInstagramアカウントを削除し、全ての投稿が観覧できなくなっている。(modelpress編集部)

    Not Sponsored 記事】

    ブリトニー・スピアーズ(photo by Getty Images)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 android.dice4rich.com)


    コメント:「とても残念ですが、ブリトニーが音楽業界に戻らないという決断をしたことに対して、私は彼女の選択を尊重します。彼女の音楽は私たちにとって特別な意味を持っていましたが、彼女の幸福が最優先であるべきです。彼女の未来に幸せが訪れることを祈っています。」

    コメント:「ブリトニーがInstagramアカウントを削除したことに驚きました。彼女は常にファンと交流し、彼女の人生や音楽に関するクリエイティブな側面を共有してくれました。彼女が選択した道に沿って幸せになってほしいと願っています。彼女の音楽を偲びながら、彼女へのサポートを続けましょう。」

    コメント:「ブリトニーが音楽業界からの引退を宣言したニュースは悲しいものです。彼女は私たちの心をつかんで離さない才能豊かなアーティストであり、多くの名曲を生み出しました。しかし、彼女がこの決断を下したならば、私たちも彼女の選択を尊重しなければなりません。彼女の未来が彼女にとって輝かしいものでありますように。」

    <このニュースへのネットの反応>


    【ブリトニー・スピアーズ「音楽業界には決して戻らない」と宣言&Instagramアカウントを削除】の続きを読む

    comic/topic


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【テレビ】TBS「レコ大」特別国際音楽賞受賞のYOASOBIが圧巻の海外ステージを披露!


    YOASOBI(ヨアソビ)は、日本の音楽ユニット。メンバーは、コンポーザーのAyaseとボーカルのikura。 2019年に、ソニーミュージックが運営する小説&イラスト投稿サイト「monogatary.com」に投稿された小説を楽曲化するプロジェクトから誕生した。以降、同サイトに限らず様々な小説、…
    89キロバイト (8,310 語) - 2023年12月26日 (火) 12:54

    (出典 www.meidaisha.co.jp)
    コメント:YOASOBIの海外特別ステージ、めちゃくちゃ素晴らしかった!彼らの独自の音楽スタイルが、海外の観客にも受け入れられているんだなと改めて感じました。この特別ステージでのパフォーマンスが、彼らの国際的な成功に繋がることを願っています。

    コメント:YOASOBIがテレビ番組「レコ大」の特別賞として海外特別ステージに出演することが決定したようですね。彼らの独特な歌声とメロディーが、世界中の人々に届くことを心待ちにしています。どんな歌を披露してくれるのか、ますます楽しみです!

    コメント:YOASOBIが「レコ大」の特別国際音楽賞を受賞し、海外特別ステージに登場することが決定しました!彼らの人気は国内だけでなく海外でも高まっているんですね。どんな歌を披露するのか興味津々です。絶対に素晴らしいパフォーマンスになること間違いなし!

    【【テレビ】TBS「レコ大」特別国際音楽賞受賞のYOASOBIが圧巻の海外ステージを披露!】の続きを読む

    comic/topic


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    『テイラー・スウィフト(Taylor Swift)』知らない人はまずこちらの動画から


    テイラー・スウィフトが代表格。プロゴルファーにも多い「テイラー」。男女・姓名問わず使われるのはなぜ? 言語学の識者に聞いてみた
    …もに使えます」という。確かにアメリカの女性有名歌手、テイラー・スウィフト(Taylor Swift)を知っている人は多いだろう。つまり、明治安田生命が…
    (出典:みんなのゴルフダイジェスト)

    (出典 entertainment-topics.jp)


    テイラー・スウィフト ならまずはこれを! 「シェイク・イット・オフ」

    テイラー・スウィフトの最新ライブが映画化『テイラー・スウィフト:THE ERAS TOUR』本予告編
    世界各国で公演している最新ライブ「THE ERAS TOUR」の映像を収めた作品
    劇場公開日:2023年10月13日
    配給:東和ピクチャーズ

    【『テイラー・スウィフト(Taylor Swift)』知らない人はまずこちらの動画から】の続きを読む

    comic/topic


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ティナターナー(Tina Turner、本名:アンナ・メイ・ブロック・バーク(英語: Anna Mae Bullock-Bach)、1939年11月26日 - 2023年5月24日)は、アメリカ合衆国出身の女性歌手、ダンサー、女優。同国南部に生まれ育ち、2013年にはスイスの市民権を得ている。芸歴…
    72キロバイト (9,963 語) - 2023年11月20日 (月) 04:35

    『ティナ・ターナー』2023年5月24日(83歳没)


    (出典 BARKS)
    1984年に代表曲「愛の魔力」「孤独のヒーロー」「ホワット・ユー・ゲット・イズ・ホワット・ユー・シー」「アイ・ドント・ウォナ・ファイト」などヒットを多数生み「ロックンロールの女王」と呼ばれ、幅広い層のファンに認められており、多くの受賞歴を持つ。

    コメント:ティナ・ターナーの亡くなった今年のハロウィン仮装、リゾが本当に彼女のスタイルを完璧に再現しています。彼女のエネルギッシュなパフォーマンスと魅惑的なスタイルをリゾが素晴らしく表現していることに感銘を受けました。故ティナ・ターナーへの敬意に溢れた仮装ですね。

    コメント:リゾが今年のハロウィンでティナ・ターナーに扮した姿はまさに驚くべきものでした。彼女のアイコニックなステージ衣装やヘアスタイルを完璧に再現していて、故ティナ・ターナーへの敬意を感じました。リゾの愛情が伝わる素晴らしい仮装です。

    ティナ・ターナーさん 映画「TINA ティナ」 (1993)
    ソウル界の女王として君臨するティナ・ターナーの半生を描いた伝記映画。ティナに扮するアンジェラ・バセットの熱演と、そのそっくりぶりが見ものである。
    子どものころから人波はずれた声の持ち主だったティナは、成長してアイク・ターナー(ローレンス・フィッシュバーン)のバンドでシンガーとして活躍し、彼と結婚するが、やがてアイクの悪しき本性が露呈するに至り、苦しみの末破局。その他、母や姉、友人たちとの激しい愛憎を軸にしながら、彼女が見事カムバックを果たすまでを、『愛の魔力』など彼女のヒットナンバーに乗せて描かれていく。彼女が仏教徒であることがわかるシーンもあり、そこらも興味深い



    【『ティナ・ターナー』2023年5月24日(83歳没)】の続きを読む

    comic/topic


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【テイラー・スウィフト】「ブランク・スペース」が8年ぶりにHot 100に返り咲き

     テイラー・スウィフト2014年アルバム『1989』に収録され、米ビルボードソング・チャート“Hot 100”で通算7週にわたり首位を獲得した「ブランクスペース」が、2023年8月9日付の“Hot 100”に再びチャートインした。これは「ブランクスペース」が、2014年から2015年にかけて36週連続チャートで留まって以来、初めてのチャートインとなる。

     ルミネートによると、2023年8月4日から10日までの集計において、「ブランクスペース」は全米で840万回のストリーミング再生(23%増)、430万のラジオエアプレイ・オーディエンス・インプレッション(ほぼ前週と同じ)、および1000ダウンロード(51%増)を記録し、チャートに返り咲いた。

     この曲は、テイラーが最近【The Eras Tour】で披露したため、8月9日に彼女の再録音版アルバム『1989(テイラーズ・ヴァージョン)』のリリース発表が行われる前から注目を集めていた。また、この曲は米ビルボード“Global 200”チャートで40位に上昇し、全世界でのストリーミング再生が10%増加し、2,540万回を記録した(アメリカとその他約200か国のデータを反映)。

     テイラーにとって4作目の再録音アルバムのとなる『1989(テイラーズ・ヴァージョン)』は、10月27日に発売される。オリジナルアルバム『1989』は、2014年から2015年にかけて、米ビルボードアルバム・チャート“Billboard 200”で11週にわたり1位を獲得した。これは『フィアレス』と並ぶ彼女の最長首位記録となる。

     「ブランクスペース」はスウィフトにとって記念碑的ヒットであり、当時3曲目にして自身最長の首位記録となった。通算7週首位を獲得したこの曲は、昨年11月から今年1月にかけて「アンチヒーロー」が通算8週首位を獲得するまで、スウィフトにとって最長のヒット曲となっていた。また、「ブランクスペース」は【グラミー賞】で<最優秀レコード賞>、<最優秀楽曲賞>、および<最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞>にノミネートされた。

     その後、テイラー・スウィフトは“Hot 100”で1位を獲得した作品を9曲に増やした。以下、その記録となる。

    テイラー・スウィフトの米ビルボードソング・チャート“Hot 100”首位獲得曲一覧

    アンチヒーロー」(8週、2022~23年)
    オール・トゥー・ウェル(テイラーズ・ヴァージョン)」(1週、2021年
    「ウィロー」(1週、2020年
    カーディガン」(1週、2020年
    「ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ」(3週、2017年
    「バッド・ブラッドfeaturing ケンドリック・ラマー)」(1週、2015年
    ブランクスペース」(7週、2014~15年)
    シェイク・イット・オフ」(4週、2014年
    「私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない」(3週、2012年

     「ブランクスペース」のような古い曲でも、50位以内に入り、意味のある理由があれば、“Hot 100”に再チャートインする資格がある。こういった現象は、テイラー・スウィフトの「クルーエル・サマー」(2019年の曲で、現在シングルとしてプロモーションされ、“Hot 100”3位に上昇)のように、カタログ曲がバイラル・ヒットになり、新たにプロモーションされた時や、昨年のケイトブッシュによる1985年の名曲「神秘の丘」のように、テレビ番組/映画への起用が注目され、新たな関心を引き起こす時に時折見られる。毎年冬になるとホリデー・ソングが“Hot 100”を席巻し、ハロウィーンの後にマイケル・ジャクソンの「スリラー」が返り咲き、最近では先月7月4日の米独立記念日関連でマイリー・サイラスの「パーティー・イン・ザ・U.S.A 」が再び“Hot 100”にチャートインしたのは、このためだ。

    テイラー・スウィフト、「ブランク・スペース」が8年ぶりにHot 100に返り咲き
    (出典 news.nicovideo.jp)

    テイラー・アリソン・スウィフト(英語: Taylor Alison Swift、1989年12月13日 - )は、米国のシンガーソングライター。グラミー賞を12回受賞(46回ノミネート)している。 カルヴィン・ハリスと共にリアーナの楽曲「This Is What You Came For」を作詞した際には、ニルス・ショーベリ(英語:…
    132キロバイト (15,251 語) - 2023年12月7日 (木) 12:49

    (出典 dot.asahi.com)
    コメント:テイラーの「ブランク・スペース」がHot 100に8年ぶりに登場したことに驚きました!彼女の音楽は今もなお人々の心を捉え続けていると感じます。

    コメント:「ブランク・スペース」は本当に壮大な曲で、何度聴いても飽きません。これが8年ぶりのヒットとなると、その魅力がより一層実感できますね。

    コメント:Hot 100の再浮上は、テイラーがどれだけ長く愛され続けているかを証明しています。彼女の曲の普遍的な魅力は時代を超えて存在し、ファンにとっては嬉しいニュースです。

    【【テイラー・スウィフト】「ブランク・スペース」が8年ぶりにHot 100に返り咲き】の続きを読む

    comic/topic


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    『テイラー・スウィフト』


    (出典 Hypebeast)

    コメント:テイラー・スウィフトとブレイク・ライブリーの最高傑作の爆笑コラ画を見たら、思わず腹筋が崩壊しそうになりました!彼女たちのユーモアセンスが素晴らしいです。

    コメント:テイラー・スウィフトとブレイク・ライブリーの親密ショットをネタにした爆笑コラ画を見て、思わず笑いが止まりませんでした!彼女たちの友情は本当に素晴らしいですし、コラ画のセンスも抜群ですね!

    【『テイラー・スウィフト』】の続きを読む

    comic/topic


    最新情報!

    このページのトップヘ