毎日の時事ネタ・ニュース

毎日の時事ネタ・ニュースを紹介! ▶アニメ・ゲーム・イベントはまとめサイトを作成(コラボ・一番くじ・花火好き) ▶時事ニュースは2ちゃんねるで最速でご連絡!

    【毎日の時事ネタ・ニュース】 気まぐれに面白いネタ・気になったニュースをアピール!当ブログでは広告・PRが含まれています

    タグ:インフルエンザ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    インフルエンザ警報レベルが過去最速で上昇!明日からは厳寒が襲来


    みなし「警報レベルに達している」と発表される。流行の発生前で今後4週間以内に大きな流行が発生する可能性がある場合や流行発生後であるがまだ流行が終わっていない可能性がある場合は「注意報レベルに達している」と発表される。都道府県で個別に発表される警報とは異なるので注意が必要である。…
    87キロバイト (11,691 語) - 2023年12月9日 (土) 06:00


    コメント:「まさかこんなに早くインフルエンザが発生するとは驚きですね。寒さも厳しくなってきているので、予防策をしっかりと心掛けたいですね。風邪やインフルエンザの予防は、手洗いやマスクの着用など基本的なことから始めましょう!」コメント:「警報レベルが出るほどのインフルエンザ発生数とは、本当に深刻な状況ですね。特に子供や高齢者はウイルスに弱いため、注意が必要です。自分自身の体調管理に加えて、家族や周りの人にも感染しないように気を付けましょう。」コメント:「明日からの厳しい寒さは、体から熱を奪って免疫力を下げてしまいます。それに加えてインフルエンザの流行も始まるというのは心配ですね。ただでさえコロナの影響で医療機関は大変な状況なので、感染予防を徹底して、できるだけインフルエンザにかからないように注意しましょう!」

    メイン画像

    厚生労働省が発表している「インフルエンザの発生状況」によりますと、最新のインフルエンザ報告数(12月4日~10日)は「166,690」と多い状況が続き、「警報レベル」の一医療機関当たりの患者数が30をこえました。この10年で最も早いペースとなっており、明日以降は強い寒気の影響で寒い日が続くため、引き続き体調管理にご注意ください。

    インフルエンザ報告数

    厚生労働省が昨日12月15日に発表した「インフルエンザの発生状況」によりますと、49週(令和5年12月4日12月10日)のインフルエンザの指定医療機関の報告数は「166,690」でした。48週(令和5年11月27日12月3日)の「132,117」に比べて、34,573人増加しまし、多い状況が続いています。昨年同時期の総数は「1,238」でしたので、今年は昨年の約135倍となっています。

    また、一医療機関当たりの患者が「33.72」と今シーズン初めて「警報レベル」の30を超えました。この10年でもっとも早い「警報レベル」となっています。

    明日17日以降は真冬の寒さが続く

    画像B

    明日17日(日)以降は、強い寒気が居座る見込みです。

    そのため、日本海側を中心に雪や雨が降りやすいでしょう。気温も平年並みか低い日が多くなりそうです。昼間でも厳しい寒さとなりますので防寒対策はしっかりして、体調を崩さないようにしてください。また、晴れる太平洋側は空気が乾燥するでしょう。加湿器などを使い適度に湿度を保つようにしてください。

    空気が乾燥 インフルエンザに注意

    画像C

    湿度が低くなると、ノドの粘膜の防御機能が低くなるため、インフルエンザにかかりやすくなります。インフルエンザを予防するには、次のようなことを心がけてください。

    ① 外出時はマスクを着用し、人の多い所への外出を控えましょう。高齢者や慢性疾患を抱えている方、疲れ気味、睡眠不足の方は、特に注意が必要です。
    ② 外から帰ったら、手洗いうがいをしましょう。インフルエンザだけでなく、一般的な感染症予防のためにも、おすすめです。
    ③ 室内では、加湿器などを使って、適度な湿度(50~60%)を保ちましょう。
    ④ 栄養バランスの取れた食事と、十分な睡眠をとるよう、心がけましょう。体の抵抗力を高めることができます。

    それでも、インフルエンザにかかってしまった場合は、安静にして、十分な休養や水分をとり、早めに医療機関を受診してください。

    インフルエンザ発生数「警報レベル」 この10年で最も早い 明日以降は厳しい寒さ

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【インフルエンザ警報レベルが過去最速で上昇!明日からは厳寒が襲来】の続きを読む

    comic/topic


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【インフルエンザ】千葉 埼玉 神奈川 東京 茨城 群馬「注意報レベル」:ワクチンはあっという間になくなる

    インフルエンザ(イタリア語: influenza、ラテン語: influentia)とは、インフルエンザウイルス急性感染症。上気道炎症状・気道感染症状、呼吸器疾患などを呈する。流行性感冒(りゅうこうせいかんぼう)、略して流感(りゅうかん)とも呼ばれる。日本語ではインフル、英語ではfluと略されることも多い。…
    86キロバイト (11,794 語) - 2023年10月8日 (日) 07:22

    (出典 kooen.sakura.ne.jp)
    コメント:ワクチン接種についての理解が深まりました。私自身もインフルエンザにかかった経験がありますが、ワクチンを打たなかったために長期間の療養を余儀なくされました。今後は定期的なワクチン接種を行い、再発を防止したいと思います。

    コメント:インフルエンザにかかってしまった経験から、ワクチンの重要性を改めて実感しました。ブログ記事にもあるように、ワクチンの接種は自身の免疫力を強化し、重症化や合併症のリスクを減らす効果があります。今後は毎年のワクチン接種を欠かさず行いたいと思います。

    コメント:インフルエンザは軽く見ていても、重篤化することもある病気なので、予防のためにワクチン接種は必要不可欠です。自身の健康を守るため、定期的なワクチン接種を続けたいと思います。

    と言っても掛かる時は掛かる

    1 おっさん友の会 ★ :2023/11/02(木) 08:19:51.74 ID:L3jswBii9
    病気や健康の疑問に、読売新聞の医療サイトのキャラクター、ヨミドックが答えます。今回のテーマは「インフルエンザ」です。

    Q  先日インフルエンザにかかり、高熱が出た。もう予防接種しなくていいよね。

      ヨミドック  インフルエンザの流行シーズンは、通常は12月~3月ですが、今年は春以降も収束せず、だらだらと流行が続いてきました。
    9月以降は、休校や学級閉鎖が急増し、10月27日現在、全国的に「注意報レベル」になっています。すでに感染した人も多いでしょう。
    ただ、1度感染した場合も、ワクチンは打った方がいいのです。

    Q  どうして? もう免疫がついたはずでは?

      ヨ  国内で流行するインフルエンザウイルスには、大きく分けて三つあります。2009年に新型インフルエンザとして流行した「A(H1N1)型」、「A香港型」「B型」です。
    実は、一つの型に感染しても、ほかの型のウイルスに対する免疫はつきません。シーズン中に再び感染し、発症する可能性があります。

     インフルエンザワクチンは「4価ワクチン」といい、A(H1N1)、A香港のほか、B型の二つの系統に対応します。一つの型に感染した後でも、ほかへの免疫をつけられます。

      Q  そうだったのか。

    続きはYahooニュース
    ヨミドクター
    2023/10/31
    https://news.yahoo.co.jp/articles/86a9d83ef807b3d799b7e28b1e9a5148207aabdf

    【【インフルエンザ】千葉 埼玉 神奈川 東京 茨城 群馬「注意報レベル」:ワクチンはあっという間になくなる】の続きを読む

    comic/topic


    最新情報!

    このページのトップヘ