毎日の時事ネタ・ニュース

毎日の時事ネタ・ニュースを紹介!なんでも入れるけど「嬉しいニュース」「面白いニュース」がメインです。くだらない・楽しいニュースが好きなだけ。すぐ消えちゃうのでブックマークよろしく! 応援しておきますのでよろしくお願い致しますヾ(*´∀`*)ノ

    【毎日の時事ネタ・ニュース】 気まぐれに面白いネタ・気になったニュースをアピール!当ブログでは広告・PRが含まれています

    タグ:沖縄

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    沖縄:シャングリア「2025年に開園するテーマパーク」ディズニーランドと好対照の“異世界”にかかる期待



    (出典 ovo.kyodo.co.jp)

    各イメージはこんな感じですかね?

    ・ディズニーランドは夢
    ・USJは非現実世界
    ・西武ゆうえんち:昭和のレトロ
    ・シャングリア:自然
    きちんとしたテーマに合わせたテーマ―パーク

    沖縄北部に新しいテーマパーク「JUNGLIA」

    2025年、沖縄北部に新しいテーマパーク「JUNGLIA」が開業することが、ジャパン・エンターテイメントによって発表された。同社の発表によれば、このテーマパークは「都会にはない興奮と贅沢のテーマパーク」であり、近隣に世界遺産「やんばる」があるという特徴を活かしたアトラクションを計画しているという。
    アトラクションは数十種類あり、大森林をジャングルに見立てて冒険に出るサファリライドや、沖縄の絶景を大空に見立てたジップライン、大自然をめぐる気球型のライドなど、どれも沖縄の自然を活かしたアトラクション

    記事に対するコメント

    ジャングリアの開業が待ち遠しいです!やんばるの美しい自然環境がテーマパークと融合するというのは、とても魅力的ですね。今から楽しみにしています。

    ディズニーランドとは異なる一風変わった世界観が期待できるなんて、とても興味深いです。ジャングリアのテーマが自然や環境に関連しているということで、エコフレンドリーな取り組みや学びの場もあるのかなと思います。

    2025年に開園するテーマパーク、ジャングリアは話題になっていますね。やんばるの自然景観を生かした場所が作られるということで、自然愛好家や冒険心のある人にとっては夢のような場所になるのではないでしょうか。早く行ってみたいです!

    【沖縄:シャングリア「2025年に開園するテーマパーク」ディズニーランドと好対照の“異世界”にかかる期待】の続きを読む

    comic/topic


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    沖縄初出店のリンゴアメ専門店『林檎堂』店舗は九州・北海道・京都のみ!


    (出典 カイタック スクエア ガーデン)




    記事に対するコメント


    産地や品種がいろいろあるリンゴのなかでも、その時、いちばんおいしいリンゴを使ってリンゴアメをつくっています。8種の定番フレーバーをはじめ、期間限定のフレーバーや、希少なリンゴ品種が時々登場

    記事に対するコメント

    コメント:林檎堂のリンゴアメ、筑紫野市のイオンモール店で食べました!本当にシャキシャキとしていて、リンゴのおいしさが詰まっています。リンゴ好きにはたまらないお店ですね。

    コメント:林檎堂のリンゴアメ、初めて食べましたが感動しました!リンゴの風味が濃厚で、口の中で溶けていく食感がたまりません。ぜひ他のフレーバーも試してみたくなりました。

    コメント:林檎堂のリンゴアメ、食べてみたいです!国産のリンゴを使用しているそうで、シャキシャキとした食感が楽しみです。那覇市国際通り店のオープンも待ち遠しいですね。
    【沖縄初出店のリンゴアメ専門店『林檎堂』店舗は九州・北海道・京都のみ!】の続きを読む

    comic/topic


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    沖縄美ら海水族館(おきなわちゅうみすいぞくかん、英: Okinawa Churaumi Aquarium)は、沖縄本島北西部の本部半島備瀬崎近くにある国営沖縄記念公園・海洋博覧会地区(海洋博公園内)の水族館。一般財団法人沖縄美ら島財団が管理・運営している。「チュうみ」とは沖縄の方言で「清〔きよ〕ら(しい)海」という意味。…
    27キロバイト (3,647 語) - 2023年7月5日 (水) 14:09

    『沖縄美ら海水族館』水族館スポット紹介:子供に夢を見せる世界最大海洋ジンベイザメ

    no title


    沖縄美ら海水族館が新種のイソギンチャクを発見したと聞いて、とても驚きました!自然界にはまだまだ知られていない生物がたくさん存在するんですね。沖縄美ら海水族館の研究チームの努力に感謝します。新種のイソギンチャクの展示も楽しみです。

    全国水族館はこちら:隣の県の水族館は是非オススメ

    沖縄美ら海水族館は、沖縄県本部町にある水族館です。2002年に開館し、世界最大の魚類であるジンベエザメを飼育展示する水族館として知られています。

    沖縄美ら海水族館は、沖縄本島北西部の本部半島、東シナ海に面した備瀬崎に位置しています。水族館の敷地面積は約19万平方メートルで、そのうち水槽の面積は約7万平方メートルです。

    沖縄美ら海水族館には、約740種、約1万4,000点の海洋生物が展示されています。その中でも、ジンベエザメは世界最大の魚類であり、沖縄美ら海水族館では約8メートルのジンベエザメを飼育展示しています。

    沖縄美ら海水族館は、沖縄の美しい海を再現した水槽が特徴です。水槽は、沖縄のサンゴ礁、黒潮、深海など、様々な海の環境を再現しています。また、水槽には、ジンベエザメやマンタ、クジラなどの大型海洋生物から、ウミガメやサンゴ礁魚などの小型海洋生物まで、様々な海洋生物が展示されています。

    沖縄美ら海水族館は、沖縄を代表する観光スポットであり、年間約200万人が訪れる水族館です。沖縄の美しい海を体感したいという方におすすめの水族館です。

    □■□■□■□■□
    □■□■□■□■□
    【『沖縄美ら海水族館』水族館スポット紹介:子供に夢を見せる世界最大海洋ジンベイザメ】の続きを読む

    comic/topic


    最新情報!

    このページのトップヘ