毎日の時事ネタ・ニュース

毎日の時事ネタ・ニュースを紹介! ▶アニメ・ゲーム・イベントはまとめサイトを作成(コラボ・一番くじ・花火好き) ▶時事ニュースは2ちゃんねるで最速でご連絡!

    【毎日の時事ネタ・ニュース】 気まぐれに面白いネタ・気になったニュースをアピール!当ブログでは広告・PRが含まれています

    タグ:降り積もれ孤独な死よ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    (出典 realsound.jp)


    黒木メイサの接近ショットは本当に美しいですね。10年ぶりの日本での活動再開が本当に嬉しいです。

    黒木メイサさんの美しさには本当に憧れます。ドラマ「降り積もれ孤独な死よ」での演技も楽しみです。

    「降り積もれ孤独な死よ」の第1話に原作者・井龍一氏がコメントしているように、黒木メイサさんの地上波ドラマでの活躍に期待が高まります。

    【「降り積もれ孤独な死よ」に出演する黒木メイサの美しい接近ショットに注目】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しの時事ネタ 2024/06/07(金) 04:10:49.34 ID:F2FrwY+l9
    俳優の成田凌が、7月7日から放送スタートの読売テレビ・日本テレビ系日曜ドラマ『降り積もれ孤独な死よ』(毎週日曜よる10時30分~)で主演を務めることが決定。女優の吉川愛と俳優の小日向文世の出演も発表された。

    原作は講談社『マガジンポケット』で連載中のマンガ『降り積もれ孤独な死よ』(原作・井龍一、漫画・伊藤翔太)。ひと気のない一軒のとある屋敷で13人の子供の白骨死体が見つかった、通称・灰川邸事件から、物語は動き出す。

    本作の主人公であり、事件の真相を追う刑事・冴木仁(さえきじん)を演じるのは、成田。めったに事件の起きない山梨の富士山北警察署に勤務する刑事だが、通報を受けて駆け付けた屋敷で子供たちの白骨死体と謎のマークを発見する。事件を捜査するうちに、冴木の生き別れた弟が容疑者の関係者として浮上する。本作の主演を務める成田は「素晴らしすぎる原作で、プレッシャーは相当ありますが、原作とはまた違った面白さを感じていただけるよう、最高に楽しんでいただけるよう、スタッフ、キャスト全員で毎日を丁寧に、士気高く、頑張っています。スタッフやキャストの溢れるほどの熱で、暑い熱いあっつい夏になりそうです」と座長として最高の作品を届ける決意をコメントした。

    吉川愛&小日向文世「降り積もれ孤独な死よ」出演への意気込み語る

    冴木の前に現れた謎の女性・蓮水花音(はすみかのん)を演じるのは吉川。かつてこの屋敷で暮らしていたという彼女は、屋敷の持ち主で事件の容疑者・灰川十三(はいかわじゅうぞう)を“父“と呼び、灰川は「犯人ではない」と主張。冴木と共に事件の真相を追う。存在も発言も謎めいた花音について吉川は「花音の纏う雰囲気、何を本当は考えているのか分からないようなミステリアスさ、そんな彼女を演じきることができるのか、少し不安です。でも、花音の強さや弱さを私なりに読み取って、精一杯演じたいと思います」と花音と向き合う決意を明かした。

    そして、灰川を演じるのは、小日向。灰川邸事件の発覚後、姿をくらまし、事件の容疑者とされる。灰川と子供たちの関係は?犯人は灰川なのか?得体のしれない不気味な存在感の灰川について小日向は「台本を読んだ時点でとてもミステリアスな、ちょっと不気味な感じの印象がありました。灰川には『もしかしたら子供たちを集めて罪を犯すんじゃないか』という匂いもあり、どういう人物像なのかが非常に謎めいています。子供たちとのシーンや回想シーンが多く、なんとも言えない独特な感じなので、監督と灰川の表情や動きを確認しながら演じています」とコメント。小日向の熟練の演技力で描かれる灰川像に期待が高まる。

    「降り積もれ孤独な死よ」実写ドラマ化への思い

    物語は、灰川邸事件発生から7年後、東京で起きた1人の少女の失踪事件へと繋がる。灰川邸事件の現場に残されていた謎のマークが再び姿を現し、錆びた歯車が動き出す。

    本作については制作を務める中山喬詞プロデューサーは「手前味噌ですが、今までにないドラマになると確信しております」と自信を見せる。主演に成田、共演に吉川と小日向と実力派キャストを迎え、「強固な力が結集したこのドラマに、皆さんに少しでも触れていただきたい。過去と現在が交錯しながら進んでいく謎に包まれた事件の真相、様々な十字架を背負った登場人物たちの秘めたる想い…荒々しくも丁寧に、最後の最後までみんなで繋いでいきます」と決意も新たにした。

    オリジナル要素も含むドラマ版『降り積もれ孤独な死よ』に、原作の井龍先生は「今回は実写ドラマ化に際し、原作が未完結という事もあり思う存分にオリジナルの展開にして下さいとこちらの方からもお願い致しました。制作陣の方にとってはチャレンジングな事だったと思いますが、企画から脚本までを拝見した限りとても原作にリスペクトを持って、より面白いものを作るぞという意気込み&熱量が感じられる内容になっていると思います。何より物語の根幹に関わるテーマはちゃんと引き継がれていますし、正直このネタ原作でも使えないかなぁという箇所もチラホラあります」と原作とオリジナル要素の融合を後押し。
    「主演の成田凌さんをはじめキャストも素晴らしい方々に集まって頂きました!ドラマ版『降り積もれ』楽しみしかありません。皆様にも、これを機会に原作漫画も手に取ってもらってドラマとの違いを見比べながら、2度、3度と楽しんで頂けたらと思います」と期待を込めた。

    全文はソースで
    https://mdpr.jp/drama/detail/4296361
    no title

    【【日テレ】成田凌「降り積もれ孤独な死よ」実写ドラマ化で主演 吉川愛&小日向文世とオリジナル展開で描く】の続きを読む

    このページのトップヘ